« 初そりすべり | Main | わくわく日記さん »

寒さの峠は越したかな?

雪で始まった先週は、この冬一番の冷え込みとなりました。
久し振りに、朝の気温が-20℃以下で日中も-7~9℃という日が3日続き、我が家では洗面所の水とウォシュレットが凍ってしまいました。
それと、使っていない部屋に置いてあった野菜も凍りました。
昔は、これくらいのシバレは結構あったのですが、最近では少なくなりました。

私が経験した厳しい冬は、30年以上も前に住んでいた帯広の冬でした。
なんと、-30℃という日が一週間も続いたのです。しかも雪はなく、空は青空でカラカラに乾いた氷の世界でした。
12月から2月まではそんな日が多いのですが、2月末あたりから一変しドカ雪が襲います。一夜にして50cm以上も積もっていたりします。初めての道東の冬に驚いたものです。そんな冬を2度経験しました。・・・昔のことです。

先週開幕した、札幌の雪祭りはこの冷え込みで雪像もきれいだったようですが、その冷え込みも緩み、日中はプラスの気温となり観光にはラクでしょうが、雪像を守る方たちはご苦労でしょう。

Yukiasobi 冷え込みが緩んだ土日には、まとまった雪が降りましたので、また夫と二人で保育園のそりすべりの山を大きくしてきました。
今日は、子供たちが大喜びで滑っていました。
その喜びようを見ると、こちらも嬉しくなります。
思い切り雪遊びができるのも、あと少しでしょう。

|

« 初そりすべり | Main | わくわく日記さん »

Comments

おひさしぶりです!

ウォシュレットが凍る寒さって、想像しただけでブルブルwobbly
-30℃の氷の世界……想像もつきません。
春が待ち遠しいですね。

くるみちゃん、だいぶ大きくなりましたねhappy01

Posted by: Tompei | 02/09/2010 at 11:01

Tompeiさん こんにちわ!おひさしぶりです

>ウォシュレットが凍る寒さって、想像しただけでブルブル

そうでしょうー?私も驚きました。
氷の粒がお尻に当たって、冷たいのなんのって・・・bleahウソ

>-30℃の氷の世界……想像もつきません。

そういう時は、晴れていて乾燥している時が多く、空気がキーーン!と言っているようで、肌にささるように感じますよ。
夜なら星からキラキラと音が聞こえそうですし、快晴の朝なら空気がほんとうにキラキラ輝いて見えます。
息を吸うと、鼻毛がしばれてひっつくし、口から吸えば喉が痛くなります。
マスクやマフラーで口元を覆うと、吐息の湿気でまつげや眉毛が白く凍って、浦島太郎がお爺さんになったときのようです。
上と下のまつ毛が凍ってくっついて目が開かなくなったこともあります。
身が引きしまるように感じます。ほんとうに引き締まるのなら嬉しいんですけど・・・smile

>春が待ち遠しいですね

ハイ、冬には冬の楽しみもありますけど、春までの日々の変化がまた楽しいんです。
日に日に、太陽の光の強さが増して行くことや、風に雪解けの匂いも感じるんですよconfident
そんな日々も、もう少しだと思います。

>くるみちゃん、だいぶ大きくなりましたねhappy01

ハイ、ほんとうに子供の成長は目覚しいものですね
こちらもその分、年をとって・・・考えないことにしましょcoldsweats01scissors

Posted by: yoshi | 02/11/2010 at 15:55

ご丁寧なお返事ありがとうございます。
そんな寒さ、経験してみたいような、したくないような……(^^ゞ

惑さん、どうなさったんでしょうねぇ。
復活が待たれます。

子羊のくるみちゃん、可愛い!(^^)

Posted by: Tompei | 02/12/2010 at 17:02

Tompeiさん

>そんな寒さ、経験してみたいような、したくないような……(^^ゞ

一度は経験されたら?happy01

>惑さん、どうなさったんでしょうねぇ。
復活が待たれます。

ほんとうにねえ・・・think

>子羊のくるみちゃん、可愛い!(^^)

ありがとうございます
今のうちですよねwink

Posted by: yoshi | 02/12/2010 at 23:34

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14050/47518085

Listed below are links to weblogs that reference 寒さの峠は越したかな?:

« 初そりすべり | Main | わくわく日記さん »