« December 2009 | Main | February 2010 »

Posts from January 2010

愛妻の日

Logo_01_a 明日、1月31日は『愛妻の日』なんだそうです。
「1」をアルファベットのアイと読み31はサイなんだとか・・・
明日の午後8時9分は、世界一斉ハグタイムだそうです。

「そんなもの誰が決めたんだ?」なんて言う、うちの夫みたいな方は
5年前に発足したという『JAO 日本愛妻家協会』こちらのHPをご覧下さいな(^-^)
今年は『国際夫婦年』なんですね。

11月22日は『いい夫婦の日』かと思ったら、5月22日は『ご夫婦の日』なんですって。

今日のこと、友人達とこの『愛妻の日』の話になりましたが、ほとんどの人が知りませんでした。
そして、この日に何をしてもらいたいか、という話になったとき、一人の友人がポツリ言いました。
「愛妻の日ならその日は1日、お父さん(ご主人)に、どこか出掛けて欲しい・・・」
(ノ∀`) アチャー

| | Comments (0) | TrackBack (1)

当て逃げ?

先週の金曜日の仕事帰り(昼頃)、車の後ろが大きく凹んでいることに気がつきました。
私が主に乗っている我が家の車です。
後ろのドアがちゃんと開かないほどに半分がゆがんでいるにもかかわらず、私には全く心当たりがないのです。
その車にはバックモニターもついているのですが、ほんとうに覚えがないのです。
いくら私でもそれくらいはわかります・・・すると・・・当て逃げか?ということになるわけです。

もしもそうだったら、どこで?
むなしい推測なのですが、一番あやしい考えられるのは、前日孫のくるみを迎えに行った保育所の駐車場なんです。
そこの駐車場はけっこう広いのですが、車の並び方を思い浮かべると、やはりそこがかなりあやしいのです。
なんて、犯人推理をして何もならない、むなしいばかり・・・catface

週が明けてから、保険屋さんにも連絡し修理工場にあずけました。
後ろのドアはそっくり取替えということでした。バンパーは少しの傷でしたがこの際なので取り替えることにしました。
車の保険は、13等級から10等級になるそうですが、しかたありません。そのための保険なんですから。
保険にはレンタカー特約がついていたので、今はレンタカーを運転しています。
冬道のうえに、慣れない車なので緊張して乗っています。
またこの車が、とてもタバコ臭くてまいっています。
レンタカーにも禁煙車というのがあるといいのに・・・
車がなおって帰ってくるのが待ち遠しいよー

それにしても、何処のどいつだっ!
ほんとにもー、出て来いっ!pout
間違えたときは「ごめんなさい」って、2歳のくるみにだってできるよ!

| | Comments (3) | TrackBack (0)

昨年の松本清張ドラマ

昨年は松本清張の生誕100年とかで、テレビ各局でスペシャルドラマを放送していましたね。
今までも連続ドラマやスペシャルも見てはいたのですが・・・
好きだった小説のイメージが壊れてしまうものもかなりあったので、見るにはある意味勇気がいるのです。
松本清張の推理小説の魅力は、犯罪のトリックの緻密さはもちろんですが、その時代の社会背景だったり、登場人物の人間性とその心理、それまでの人生にまで引き込まれてしまうところだと思います。
そんな観点から、がっかりしたものの代表が、私には「黒皮の手帳」と「点と線」でした。
脚本と演出と出演者・・・難しいものですよね
そのイメージは人それぞれですしね。
そこで私は、とりあえず出演者の顔ぶれ(脇役も大事)で、見るかどうかを決めるようになりました。

昨年は、さすがに清張作品のドラマ化が多くありました。
ゼロの焦点」は映画になりましたね。 

気になったテレビドラマでは 

 ・「疑惑」(テレビ朝日系) 田村正和・沢口靖子

 ・「駅路」(フジテレビ系) ※向田邦子脚本
               役所広司・深津絵里・十朱幸代   

 ・「夜光の階段」(テレビ朝日系) 藤木直人

 ・「火と汐」(TBS系) 寺尾 聰・渡部篤郎    

 ・「顔」(NHK) 谷原章介

見なかったものは「疑惑」、昔映画化されたものを見てあまりにも面白かったので今回はパスしました。 田村正和の役は岩下志麻、沢口靖子の役は桃井かおりでした。この映画はまた見たいと思うほどです。

「夜行の階段」もパス、連続ドラマにするということは、いろいろとふくらませたりアレンジが多いのではないかと警戒しました。「黒皮の手帳」がそうであったように・・・

残りの3本はビデオに録画して、今年に入ってからゆっくりとみました。

で、勝手にランクづけしました。

私のベスト3はー、これだっ! 

ワン!ツー!スリー!(*^.^*)

Continue reading "昨年の松本清張ドラマ"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

くるみとちわっこその2

長男のお嫁さんから、前記事のくるみの写真が送られてきました。

  Kutanmugi1_3 Kutanmugi2_2 Kutanmugi3_2

| | Comments (2) | TrackBack (0)

くるみとちわっこ

娘のai一家は、先日の東京旅行で、弟(長男)のマンションをたずねました。

そのときの写真が、お嫁さんのブログにありました。
くるみとチワワのむぎのなんともほほえましいものです。
おばあちゃん馬鹿かしら(*´v゚*)ゞ

子供と犬って、本当に友達って感じなんですね(*^-^)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

さあ、出迎えに

娘一家が、横浜東京と家族旅行に出かけたのは土曜日
3泊4日の旅も、帰路についています。airplane
先ほど羽田から、まもなく搭乗すると連絡がありました。
夫と私は、これから千歳空港へ出迎えです。

孫のくるみの初ディズニーランドとか、2度目のアンパンマンミュージアムとか、長男の家のチワワ3匹との対面とか・・・
お土産話をいっぱい持って帰ってくることでしょう。
さあて、行こかー? じいちゃん!

/////////////////      追記         /////////////////////

親子揃って、おつかれモードですが無事帰ってきました。(*^-^)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

気がつけば、7年目

Tyiw346_3 2004年1月13日にスタートしたこのブログ
6年の月日が過ぎ、7年目に入っていました。happy02

お付き合いくださる皆様、ありがとうございます。
心から感謝です

ごくふつうのおばちゃん(おばあちゃん?)の
ごくふつうのブログですが、今後とも宜しくお願いいたします。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

間 寛平さんのアースマラソン

自力で地球一周なんて、ものすごいことに挑戦中の寛平ちゃん

その様子をときどきBLOGで見ながら、応援していました。

そんな彼が、前立腺ガンだなんて・・・

「暗い話題ばかりの日本に明るい話、団塊の世代にも力がわいてくるようなことをしたい・・・」と、アースマラソンに走りだした寛平ちゃん

予想もできないほどの過酷なレースなのに、神様はさらに過酷な試練を与えられた・・・

それでも、彼は走り続けることにしたという・・・

今朝のテレビで、そんな夫の夢を支える、奥さんの様子をみて涙が出るほど胸があつくなりました。

奥さんのため、ご家族のため、寛平ちゃんが大好きな人達のためにも、絶対元気で帰ってきて下さい。(それがたとえ道半ばでも・・・)

夢が叶えられることを、心から祈ります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

かわいいお山

休日に、勤務する保育園の除雪作業がありました。
ちょうど休みだった夫も手伝ってくれました。

私ともう一人のおばちゃん作業員の仕事なのですが
この日の除雪は、大晦日と年始に降った雪が凍っていたので、二人なら4時間くらいかかったと思われる重労働でした。
夫が手伝ってくれたおかげで、半分くらいの時間で終わりました。
もう、感謝感謝です。(o^人^o)

おまけに、子供たちのそりすべりの坂を作ってやろうということになり
3人で雪を運んでは積み上げ小さな坂が出来上がりました。
以前の市の保育所時代には、市内の市民スキー場にも連れていったのですが
民営化されてからは、その行事もなくなっていたのです。
新しいオーナーは『危ない、何かあっったらどうする、誰が責任とる』というのが基本的な考えなので・・・(;´д`)

新年の保育が始まり、子供たちが喜んだのは言うまでもありません。
毎日毎日遊んで、お山もひとまわり小さくなってしまいました。
Sorisuberi_2
「今度雪がたくさん降ったらまた作りに言ってやるか」と、夫。
やさしいね~(^-^)
おじいちゃん!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

初詣

松飾りや昨年のお札を納めに、夫と地元の神社へ行ってきました。
遅ればせながら、初詣です。 

昔はお願いは、その時々いろいろありました。
合格祈願だったり、良縁祈願だったりね(*^.^*)
最近は、『家族が健康でありますように』になりました。
「元気があればなんでもできる!」ですもんねhappy01

Daikiti そして初詣といえば
おみくじ。
「俺はいいよ」と言う夫
いつもそうなのよね(^-^;
なので、私が二人を代表して
ジャーン!
『大吉』でした。

願い事は迷わず神を信じて進めですと
はい、信じて進みまーす!
で、せっかくなので
何か願おうかしら・・・coldsweats01

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/365過ぎちゃった

「おめでとうございます」なんて挨拶していたかと思えば、あっという間に松もとれ、もう10日です。
すぐ春になって、「暑くなりましたね~」なんて言っているとまもなく秋風がふき、あっという間に冬になって・・・そんなこんなでまたお正月がやってきます、また年とって、あ~あ(´д`)・・・なーんてね(´ε`*)ゝ

2010年我が家のお正月
夫は大晦日も元旦も仕事でしたし、長女一家は3日まで婿殿の実家へ帰っていましたので静かに新年を迎えました。

3日には、東京から二男が帰り、娘一家も帰ってきて、一気にお正月といった感じになりました。

長男一家は残念ながら、帰りませんでした。かっているチワワ達のことを考えると真冬の北海道に連れて来るのは可愛そうなので(とくに飛行機では貨物室ですからね)、気候の良い時期にしたほうが良いのではないかと、いうことになったのです。

Kinkinabe_2 で、新年の食卓は、我が家定番のお節と、毎度のオホーツクグルメ。
今回のメインは『キンキ鍋』でした。いつもながら婿殿の実家には感謝です。(^人^)

別の夜は、二男のリクエストで厚切り肉のジンギスカンでした。

北海道の味を(オフクロの味も)満喫し、二男は東京へと帰ってゆきました。

二男は昨年の夏にフリーとなって、その後はどうなのか心配でしたが、顔を見て安心しました。(元気なら良し!)(o^-^o)v

6日から保育園も始まり、私もいつもの生活に戻りました。

そしてさっそく、仕事が終わってから、風邪ひきのくるみを保育所に迎えに行き半日預かるというスタートになりました。

おばあちゃんは、今年も頑張るわよっ!o(*^▽^*)o

| | Comments (0) | TrackBack (0)

お正月のことあれこれ

子供の頃に教えられたり、見たり聞いたりしてきたお正月のこと

年末の大掃除

一年の汚れを落とし、新しい年を迎える。
貧乏神様は汚れたところ、ジメジメしたところ、
暗いところがお好きなので、明るくきれいにして
貧乏神様には住みずらくして、他所に行ってもらうようにする。

元旦 

朝、枕元にたたんでおいた新品の下着とよそ行き着を着る。

「一年の計は元旦にあり」これは、物事を行うには初めが
大切で、最初にしっかりと計画を立てるということでしょうが
私が子供の頃、親や大人たちに良く言われたのは
元旦に泣くと一年間泣くことが多くなる、だから元旦は
怒ったり、泣いたりせずニコニコと過ごすこと。

包丁(刃物)は使ってはいけない。一年間怪我をしないように。
お雑煮の具などは、前日に切って準備しておいた。

掃除をしてはいけない。ほうきで福を掃き出してしまうから。

お金を使わない。元旦から使うとお金が逃げてゆく年になるから。

この日はなるべく働かないですごす。

縁起の良い材料を使ったおせち、ごちそうを食べる。
今年一年も健康で、食べることに困らないように・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こんなところかなー・・・

歴史ある地方の方なら、まだいろいろあるのかもしれませんが、そこは本州各地からの入植で今日がある北海道ですから、文化的な習慣も歴史が浅いですし、生活に都合のよいように変化してきているかもしれません。
Gantan 私の中に残る習慣は、ほとんどが明治生まれ東北出身の祖母の影響のような気がします。

生活環境も変わり、元旦から開いているお店も珍しくなくなりました。
いまどき、こんなこと聞くこともなくなってるかなと、記事にしてみました。        

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2010 元旦

Tora_3

       明るい一年となりますように!

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Zouni 天気予報では大荒れの年末年始ということでしたが、今のところ穏やかな元旦です。

夫と二人、神棚に手を合わせてからお雑煮をいただきました。
いつもなら元旦は朝からお神酒となるところですが、遅出勤務の夫は、アルコール抜きです。
私も、元旦からお弁当作りでスタートしました。

お正月料理は、3日に帰る次男に合わせて作ることにしました。

 

| | Comments (6) | TrackBack (0)

« December 2009 | Main | February 2010 »