« 特別な秋の日・その2 | トップページ | 今夜は十五夜 »

2008/09/13

人として

米卸売加工会社「三笠フーズ」(大阪市北区)の汚染米転売問題で、京都市は12日までに殺虫剤・メタミドホスに汚染されたとみられる餅精米が流通してい た市内の高齢者施設や医療施設など10施設を立ち入り検査し、このうち保育園と老人保健施設の計2カ所に残っていた給食用の米から、食品衛生法の基準 (0.01ppm以下)の2倍にあたる0.02ppmのメタミドホスを検出した。

9月12日21時18分配信 毎日新聞

食べられない米でも輸入しなければならないという国の事情、その危険なお米が違法な転売され、病人や子供達の口にまで届いてしまったとは・・・驚くばかり

違法行為をした経営者は言う・・・「経営が苦しくて、つい・・・」

儲けることに心を奪われて、大切なものを見失ったのか
(悪魔に良心を売ったのか、奪われたのか・・・)

いかに儲けるか以前に、人としていかに生きるべきか・・・でしょう

|

« 特別な秋の日・その2 | トップページ | 今夜は十五夜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人として:

« 特別な秋の日・その2 | トップページ | 今夜は十五夜 »