« February 2008 | Main | April 2008 »

Posts from March 2008

桑田さん!お疲れ様でした

桑田投手・・・とうとう現役引退だそうです。

2008年3月27日のブログより

無常観

友へ

突然ですが、ボールを置くことに決めました。
友に、上手く説明できる理由や論理は、何もありません。
ただ、僕の心が納得し、燃え尽きてしまったんだよ。

無常というか、悲しいというより、むしろ、美意識が感じられるんだ。
なんて表現したらいいんだろう・・・?
若い頃の自分を思い出しながら、今の自分を見ていると、
哀れというか、不変なもの、永遠というものは存在しないんだと改めて思うよ。
しかし、その自然な流れが、また、たまらなく美しくも感じてしまうよね。

本当に世の中には、永遠なものはないよね。
家族、友達、命、財産など、100年後、500年後は、間違いなく変わっているからね。
何一つ変わらないものはないよね。
だからこそ、その一瞬、一瞬を、感性を研ぎ澄まして生きていきたいよね。

決断してすぐだから、たくさん言葉が出てこないけど、
また、ゆっくりと話をしましょう。

心より、野球の神様に感謝し、
そして、長い間、僕を支えて頂いた友に、感謝の気持ちを伝えたいです。
ありがとうございました。

4月には、帰国します。

200勝までは、あと27勝。40歳で現役投手にはあと5日だったのに・・・惜しいなあ

グローブを抱え、駆け足でマウンドから帰ってくるあの姿がもう見られない・・・淋しいなあ

巨人に入団時、世間の同情が清原に集まっていても、その後週刊誌にいろいろ書かれたときも言い訳なんてせず、心を込めて一途に野球をしてきた桑田・・・

あの肘の怪我さえなかったら・・・と言ってもむなしいんですけど

やはり、これだけのピッチャーには200勝投手になって欲しかった・・・

桑田投手!お疲れ様でした。ありがとうございました。今は、長年頑張り続けてくれたお体を充分休めてゆっくりしてください。そして、これから始まる第二の野球人生にも期待しています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

お引越し<その1>

昨日の土曜日は、保育所の第1回目のお引越しでした。

先生達のご主人や親しい方達による男性助っ人隊も来てくださり1回目は順調に終了しました。ここのあと、大きな作業は来週の土曜が2回目、最後が31日の夕方からの完全移動となる予定です。

そして翌日の4月1日からは、新しい保育園での生活がスタートします。

その日まで、小さな移動作業は毎日ありますが、春休みというもののない保育所では、なかなか大変な作業です。まして、市の保育所として初めての民営化ですから誰も彼もが初めての体験なのです。

先生達との最近の会話では「とりあえずスタートしてみないとね^^」というのが合言葉のように交わされています。

          ・・・・・bud・・・・・

これは、私だけが思ったことかもしれませんが・・・

昨日の作業に、市役所の関係の男性がいなかったんです・・・

男手はいっぱいあるのというのにね・・・

ボランティアの方達にお願いするよりまず、保育課の男性達ではないかと思うのですが・・・

民営化による作業だから、もう市の仕事ではないのかしら・・・

もしも、へたにそんな方達に手伝ってほしいなんて言ったら、休日だの、時間外だのサービス残業だのへったくれだのと面倒なことになるのかな?

公務員殿には、民間人にはちょっと理解し難いルールがあるのかな?

それとも、たまたまそういう心ある暇な人がいなかっただけなのか?・・・catfaceワカラン

| | Comments (0) | TrackBack (0)

紋別土産

娘一家が婿殿の実家からもどりました。

またまた、いろいろとおいしいものを食べてきたようです。

お土産は、私のリクエスト「出塚水産のかにマヨボール」

Kanimayo マヨネーズ味のズワイガニのむきみが入った揚げかまぼこ

初めて食べたその日から

大好きになっちゃいました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

最後の行事

昨日は、勤める保育所の終了式でした。

ピカピカの一年生になる子達も、お兄ちゃんお姉ちゃん達を送り出す小さな子達も、前日までの先生達の不安を見事に裏切り(^^)最高の出来でした。

一歳半からの5年以上もいた子もいますので、おうちの方や先生達の感慨もひとしおのようです。

4月からは民営の保育園となり、58年続いたその長い歴史もあと半月で閉じられる保育所にとって、これが最後の終了式となりました。

長い歴史があるということは、多くの子供達と家族の思い出もいっぱいつまっているわけで、昨日の式のあと午後からは同窓会のような開放時間が設けられました。

広報や地域の新聞などで案内し、この保育所に思い出がある方達が大勢訪れ大盛況となりました。

先生と手を取り合って涙ぐむお母さんや、恥ずかしそうに挨拶する小学生、中学生・・・あちこちで思い出話の花は満開となっていました。

いいお父さん(30代後半)の3人組が保育所の中を賑やかに見て歩いていました。自分達のイタズラの思い出話が聞こえてきました。そのイキイキとした表情を見ていると30数年前のやんちゃ小僧3人組が見えてくるようでした。

長い歴史の中のたった2年ですが、私もその仲間に入れてもらえたことをとても幸せに思えました。

明日からは、新しい保育園舎への引越し作業が本格的に始まります。

がんばらねば!happy01scissors

| | Comments (0) | TrackBack (0)

笑顔を運んで

いつも忙しい婿殿が珍しく一週間もお休みがとれました。(実際は会社の決まりで一年に一回一週間休まなければならないんだそうです)

ともあれ、せっかくのお休みですので、娘一家は婿殿の実家へ里帰りとなりました。

可愛いさかりの孫を、いつもこちらのじいじとばあばが独占していて申しわけないので、ちょっとホッとした気分です。

片道5時間の旅は順調で、無事着いたと電話がありました。

Kulumi_6 

今頃、あちらのおじいちゃんとおばあちゃんもこの笑顔にやられていることでしょうhappy01heart04

  chick  追記 chick

あちらでの大歓迎の様子がこちらsmile

| | Comments (0) | TrackBack (0)

初節句

娘もアップしましたが、初孫のくるみが初節句でした。

先週の日曜に娘一家が我家へやってきて皆でお祝いをしました。

健やかな成長を祈って、くるみのお雛様です。↓

Hinamaturi1_2Hinamaturi2

Hinamaturi_2Hinamaturi3_2

母親(ai)と娘(くるみ)のお雛様のご対面となりました。

左端のは私の母のもの・・・で、私のだけがありません。

戦後の影響が残る、まだ物のない時代に生まれたので仕方がありませんね。

Aihatusekku_2

←これは娘(ai)の初節句です。

私の母、祖母も元気でした。

この後くらいから、

祖母はあまり外出することがなくなり

寝たきりの生活となりました。

これは、女4代の貴重な記念写真です。

この古い写真を久しぶりに見て驚いたこと・・・

母が、今の私にそっくり !!

て、いうか私が益々母に似てきたのね~(*^^*);

| | Comments (3) | TrackBack (0)

« February 2008 | Main | April 2008 »