« あけましておめでとうございます | トップページ | 2008年乙女座のダイエット »

2008/01/01

北海道の年越し

前の記事と順序が逆になってしまいましたが

北海道の大晦日の話です

Okutitori_2

これは北海道の『口取り』というお菓子です。

全国的には『口取り』とえば

取り肴、口取り菓子の略。祝儀の膳につける引出物としての料理や菓子のこと。かまぼこ、きんとん、だて巻き、寄せ物などの甘いものを折り詰めにする<すこやか食生活協会HPより>

と、いうことらしいのですが

北海道では、大晦日に食べる甘ーいお菓子のことです。

Okutitori2_2上の写真は、

羊羹、鯛と海老の餡菓子です。

←中は小豆餡、外側は白餡でこうなっています

大晦日には、いろいろなごちそうとこれを食べます。

大晦日のごちそうといえば、これも北海道の習慣のようですね(?)

そのごちそうはお寿司のお宅が多いようなのですが、そのほかに焼肉(もちろんジンギスカンもあり)だとかすき焼だとか、オードブルの盛り合わせだとか

家庭での忘年会か年越しパーティーのような夕食となるのです。

子供達がいたころ我家では生寿司でした。年越し蕎麦は昼食です。

ほとんどのお寿司屋さんでは、12月に入ると大晦日の予約を受付ています。

家族で「今年もごくろうさんでした、皆無事に年が越せてよかったねー」とみんなでおいしい物を食べる・・・

一年を振り返りながら静かに除夜の鐘の音を聞くような情緒ではないですね(*^^*)

北海道だけの習慣だとしても、私はこんな大晦日がとても好きです。

|

« あけましておめでとうございます | トップページ | 2008年乙女座のダイエット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北海道の年越し:

« あけましておめでとうございます | トップページ | 2008年乙女座のダイエット »