« うちの釣り師ご満悦 | Main | 秋の誘惑 »

270/300(宿題の答え)

この1ヵ月、悩んできた難題の宿題・・・

まず、自分の人生を何歳までとするかが問題で・・・

この年になると、あとから『虫の知らせ』とか『予感』などと思う話もイヤなので、そこに妙にこだわってしまいました。

そこで、私の人生は100年と決めました(そこまで生きれれば死んでもめでたい^^)

なので、300頁の伝記の270頁は90歳となります。

で、その年に夫に逝ってもらうということにしました。(*^^*)ゞ

夫も93歳になってますから文句はないでしょう・・・

こういう宿題は正解も不正解もありませんから、考え、悩み、文になったことで終了です。

せっかく悩んだので、記録も兼ねて(恥ずかしなが)らここに載せることにしました。

こうありたいものだという、私の理想・・・希望のようなものになりました。

Keisen2

夫との別れのときは突然、しかし静かに訪れました。

yoshiの九十歳の誕生日を祝い、その五日後の六十七回目の結婚記念日のお祝いも終えた、秋の日でした。

二人の結婚記念日は、ひとつの家族が誕生した記念の日、その日は子供達の家族も集まり賑やかなお祝いの席となるのでした。

幸せな宴の余韻が残る日に、夫は穏やかに逝ってしまいました。

九十三年の人生でした。

夫は、最新医療の機材に囲まれることも、何本もの管に繋がれることもなく、大好きな我家で愛する家族に見守られ、その最期を迎えることができました。

脱力感にも似た思いに浸りながらyoshiは、

(良かったねー、長い間ありがとう・・・)

と、眠っているような夫をみつめました。

五十代に入った頃のことでした。

「いつ、何がおきるかわからない年になっているんだから、旦那が一人でもちゃんと生きてゆけるように、家事を教えるのも妻の愛情なのよ」

と、忠告してくれる友人もいて、一時は夫もその気になっていたのですが、いつからかあきらめてしまいました。

そんな夫にyoshiは

『大丈夫、私が、元気でいてあなたのご飯を作るから、私はあなたを、一人残したりはしない、そう決めたから』

と、笑って話してきました。

何の確証もない約束でしたが、こうなってみると(神様がごはんも炊けない夫に同情して、力を貸してくれたのかもしれない)

yoshiはそんな事を考えながら、夫を見つめ続けていました。

(いろいろあったよねー・・・でも、あなたが良く言ってたように、これも結果オーライなんでしょうね、きっとそう言うわねえ・・・)

三人の子供達とのあのキラキラとした日々。

様々な出来事、様々な人間関係で、悩んだことも、苦しんだ日々も、選択してきた道も、今や全ては『結果オーライ』

人は、共通の敵ができたとき、仲間同士のつながりをより強くすることができるようです。

最強の敵こそが、最強の味方を生む・・・

言い換えれば、敵のお蔭で最高の相棒を得ることができるということではないでしょうか・・・

淑子は、年を重ねるうちに、

(幸せなことにはもちろん、夫と自分の敵とも思える人や、つらかった出来事にも感謝しなければならないのではないか・・・)

と、思うようになっていました。

(全ての出来事に無駄や無意味なことはなかった)

この日を迎えて、その思いは確信となり、

最高の相棒を失った淋しさを感じながらも、達成感にも似た、満たされた思いも感じている淑子でした。

(私達二人の人生をちゃんと締めくくるために、もう少し頑張ってみるから見ていてね、十年もしたら迎えにきてね)

微笑んでいるような夫に語りかけたのでした。

Keisen2_2

ところで、昨日9月9日は私達の結婚記念日でした。

何年目なのか、二人ともすぐには思い出せないほどになりました。(*^.^*)

Jijibaba 数えれば、34年経っていました。

今日から、35年目がスタートしました。

願わくば、私の宿題の答えのような日々が待っていますように・・・

|

« うちの釣り師ご満悦 | Main | 秋の誘惑 »

Comments

ぱちぱちぱちぱち~!すばらしい~。
老境というものは行ったことが無い道です。
不安はありますが、私も意外と楽しいんじゃないかとは思っています。

Posted by: つつじ | 09/10/2007 at 22:44

つつじさん こんにちわ ありがとうございます

>ぱちぱちぱちぱち~!すばらしい~。

イヤー、そんなにお褒め頂いて照れますよーヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ

>私も意外と楽しいんじゃないかとは思っています

年を重ねてきたからこそ、見えることも、わかることもあるんですよねー
若さには若さの良さがあり、年をとればまたその良さがあると思っています。

Posted by: yoshi | 09/11/2007 at 16:08

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14050/16390922

Listed below are links to weblogs that reference 270/300(宿題の答え):

« うちの釣り師ご満悦 | Main | 秋の誘惑 »