« 仕事・愛・プライド | Main | まいりました »

救急車出動

昨年の嫌な出来事がよみがえってしまいました。

昨日の7時頃帰宅した夫の顔色を見て驚きました。蝋人形のようだったんです。

本人の話では、また去年のような気分になって横になってきた、貧血だろう、吐いたものが黒かった・・・などなど

それでもお風呂に入りたいという夫を止められず、心配で見ていたのですが、やはり・・・倒れました。

私の運転で夜間の当番病院に行くという夫に、どうしたものか迷っていると夫が再び嘔吐しました。吐血と思われました。

慌てて対処をしていると、夫はガタガタ震え、その表情や反応がおかしくなってきたのです。

私の力では、動かすことも難しいので119番に電話しました。消防の方からの質問に必死で答えたのですが、初めてのことで緊張か動揺からか自宅の電話番号の局番が一瞬わからなくなりました。

消防所の電話はナンバーディスプレーにしたほうがいいんじゃないかな?*^^*

5分程で救急車が到着してくれて、当番病院まで運んでくれました。

そのときの夫は血圧が60代-40代と低くなっていてそのままICUで一晩を過ごすことになりました。

夜自宅で1人の私は、考えなくてもいい事が頭を巡り困ってしまいました。

夜という時は、物を考えるときではありませんね^^というか考えてはいけないです。

何かの力が思考を悪い方へ悪い方へと導こうと働くようです。

昔の人が、夜は悪魔や魔物が活動するのだと言って避けようとしてきたのも納得です。

夜は寝ること、考え事はお日様の下で!ということなのですね。

夫は、今日午前に昨年入院した市民病院へ移され詳しい検査を受けました。

その結果、今度は十二指腸潰瘍だそうです・・・(ほんとにもー)

ただ、もう出血も止まり貧血の状態も昨年(輸血寸前)程ではなかったので、とりあえず入院はせず自宅で安静にということになりました。

一週間後にもう一度検査を受け、その診断結果で復帰が決まるそうです。

やれやれですー、ほっとしましたー (-o-)

昨夜は上にも下にも管をさされ眠られなかったとかで、今夫は大イビキで寝ています。その顔を見ながら(自宅介護看護を頑張らねば・・・)と思うのでした。

        *

今回のようなとき、ご近所というものは有り難く心強い存在なのだとしみじみ実感しました。お隣のご主人はうちの車を移動してくれたり、奥さんはうちの娘に連絡してくれたりと・・・本当に助かりましたー。『遠くの親戚より近くの他人』ですねー。日頃からご近所さんと仲良くしておかなくちゃね^^

|

« 仕事・愛・プライド | Main | まいりました »

Comments

はじめまして。夫がぎっくりごしになり、「ぎっくり腰」「鍼」で検索して
いたら偶然こちらにたどりつきました。温かく優しく、お人柄のあふれ
た素敵なブログなので本来の用を忘れて(子供部屋も!今日本を
遠く離れて育児中なのです。)読みいってしまいました。母が北海道
出身で、道央だけですが何度も行きましたのでご当地のお話も懐か
しいです。ユリネまんじゅうは母も大好物です。
ご主人様大変でしたね。大事無く、早くすっかりお元気になりますよ
うに。でも、お帰りになるなり顔色の変化に気づいてくれ、お風呂に
付き添ってくれる奥様がついていらっしゃるから大丈夫ですね。
きっと素敵なお二人だから、ご近所の方もいざという時助けてくださ
るのでしょう。
これからもときどきおじゃまさせていただきますね。

Posted by: たえり | 01/25/2007 at 00:38

あわわわ。。。(@_@;;
潰瘍が再発ですか。。
大事に至らなくてホントよかった!!

原因はなんでしょうねぇ??? うむむぅ。。。
まずは、安静にしていれば治るのかな。
なんにしても、お大事にぃ(^^)

Posted by: くっきも | 01/27/2007 at 20:30

こんばんは、
読みながらドキドキしました。
とても、文章力なのでしょうね、すごく臨場感があって
ハラハラしました。。。。

ご主人、入院とかじゃなくて良かった!
お大事にm(__)m

Posted by: メイリ | 01/27/2007 at 20:35

たえりさん 

はじめまして、コメントありがとうございます

そうですかーお母様は道産子ですか^^
でも、娘さんが外国にいらっしゃるんじゃお寂しいですね

>これからもときどきおじゃまさせていただきますね。

ごらんのような、普通の家族と普通のオバちゃんですが、よろしければ、これからもよろしくお願い致します。

          *

くっきもさん コメントありがとうございます

>潰瘍が再発ですか。。

そうなんです~今度は十二指腸ですが
『再発性・・・』とカルテには書かれていました。
でも、前回よりは軽いので安心しました。

>なんにしても、お大事にぃ(^^)

ありがとうございますーm(__)m

くっきもさんも潰瘍の経験者でしたよね
くれぐれも、お体はおだいじにね

          *


メイリさん コメントありがとうございます

>ご主人、入院とかじゃなくて良かった!

お蔭様でー^^
昨年のような入院生活を覚悟しましたけど助かりました。

>お大事にm(__)m

ほんとにありがとうございますm(__)m

夫も30数年経ちますと、いろいろとくたびれ箇所が出てくるようで・・・(お互い様か?^^)
ま、ともかく大事にしないとね
メイリさまもムシャラフどのをお大切に^^

Posted by: yoshi | 01/28/2007 at 16:38

まぁー、久しぶりにお邪魔してみたら、真っ白画面で、あれれ?と思ったら、やっと見られるようになって、じっくり読ませていただいたらご主人様、大変だったのですね。

今は大丈夫ですか?


夜お一人で不安だったでしょうね。
悪い想像をしちゃう気持ち、すごくわかります。

長年の疲れが今頃になって色々と出てきているのかもしれませんね。

どうぞお大事になさってください。
yoshiさんもご無理なさりませんように。

Posted by: ぶんぶん | 01/30/2007 at 20:03

ぶんぶんさん ありがとうございます

>長年の疲れが今頃になって色々と出てきているのかもしれませんね

ほんとうにそう思います
夫は来年5月には還暦なんです
1つの節目として気をつけなければならないのかもしれません・・・

丈夫がとりえと言ってきた夫は、倒れるまで気がつかないようで困ってしまいます*^^*

Posted by: yoshi | 01/31/2007 at 22:03

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14050/13642634

Listed below are links to weblogs that reference 救急車出動:

« 仕事・愛・プライド | Main | まいりました »