« 娘夫婦の連休 | トップページ | 連休が終わって・・・ »

2006/10/08

芋たこなんきん

先週から始まった、NHKの朝ドラ『芋たこなんきん』を期待通り楽しんでます。
毎日、必ず録画もしているほどです。(*^^*)

私のような方がここにも、他にもいっぱいいらっしゃるようです^m^

そうでしょうそうでしょう^^
なんと言っても、田辺聖子さんと藤山直美さんですもの期待しないわけがありません。
田辺聖子さんの活き活きとした大阪人の世界を藤山直美さんが演じる・・・わくわくする顔合わせです。田辺聖子さんの役は彼女意外には考えられないでしょー^^

数年前、夫と東京へ行ったときに、運良く新橋演舞場で『浅草パラダイス』を観ることができました。
それまでもファンでしたが生の舞台の直美さんは更に更に魅力的でした。
昔から、お父さんの藤山寛美さんの松竹新喜劇が大好きだった私にとって大感激でした。
赤ちゃんだった長女を抱き、札幌厚生年金会館での新喜劇公演を観た思い出がよみがえりました。
寛美さんが若くして亡くなったことは残念でなりませんでしたが、直美さんを見ていると顔立ちが似ているだけでなく、役者寛美さんがそこに間違いなく生きていると思えるのです。
直美さんは、単に女優というジャンルではなく『役者』だと思います。

生意気に演技論を語れる程の私ではないのですが、なんというか彼女の演じる『間』が好きなのです、『間』がなんとも心地好いのです。
どこかのあの人気ドラマのように、膨大なセリフに感情のありったけを詰込み、演技者は必死に覚えたその長セリフを、こんどは必死に声に出す、ああいうのはどうも苦手で・・・(*^^*)
私の好みですが、セリフではない部分、『間』となる部分の演技に期待し、感じたいのです。

内容では、ひとが好きになるドラマや映画、お芝居に惹かれます。
『おもろうてやがて哀しき・・・』または『哀しゅうてやがておもろき・・・』そんな世界・・・
『人』というものは、ほんとに情けなくて、けど愛すべきもの・・・
『人の世は』いろいろなことがあるけれど、それほど見捨てたもんでもない・・・
そんな世界が好き、ですから、松竹新喜劇と山田洋次監督となっちゃうわけです)(*^^*)

藤山直美さんは不思議です、その表情や仕草は愛嬌があって可愛らしいかと思えば、ものすごく嫌な女に見えたり、オバサンぽいかと思えばとっても色っぽかったり・・・それが演技なのでしょうねー、その魅力満載ともいえるのが、数多くの主演女優賞をとっ『顔』という映画なのでしょう。

私は、直美さんの大阪弁が好きです。
彼女が言う『アホ』、『アホウ』という言葉がとくに大好きです。
愛嬌があって、暖かい、ときに艶っぽい・・・
アホな人を拒絶してるわけでなく、見捨ててもいない・・・
あれは大阪庶民の感覚、文化なのでしょうか?
ウルフルズも『アホアホパワー』を歌っていますから^^

今回のドラマにも、魅力的な愛すべき『アホ』な人々がいっぱい出てきそうです。
カモカのおっちゃん役の國村さんも楽しみですが、
昔、寛美さんと絶妙の笑いを演じられていた小島慶四郎さん
直美さんとどんなお芝居になるのか・・・絶妙なアドリブ合戦にも益々期待しちゃいます^^

|

« 娘夫婦の連休 | トップページ | 連休が終わって・・・ »

コメント

yoshiさん、こんにちは^^
TBありがとうございます。

>生意気に演技論を語れる程の私ではないのですが、なんというか彼女の演じる『間』が好きなのです

藤山直美さん、舞台が中心だからでしょうか?
舞台中心の役者さんは「間」の取り方が上手のような気がします。

>私は、直美さんの大阪弁が好きです。

大阪弁の「あほ」って柔らかくていいですよね。こちらの「馬鹿」って言い方はきつく聞こえます。

とにかく役者さんがそろっていて毎朝の15分が楽しみです。
視聴率もいいそうな。
NHKもこれで挽回できるかな^^;

投稿: ぶんぶん | 2006/10/09 11:33

ぶんぶんさん コメントありがとうございます

今朝は、スペシャル番組をやっていましたね
メイキング映像もあって、楽しいものでしたが
観られたかしら?

>こちらの「馬鹿」って言い方はきつく聞こえます。

そんな感じですよね
やわらか~い『馬鹿』を練習します?
イヤーン バカーン アハーン ♪・・・なんちって(*^^*)ゞ


投稿: yoshi | 2006/10/09 12:33

こんにちは。はじめまして。みかんと申します。わたしも毎日「芋たこ なんきん」を楽しみに見ていて、特に今日の放送はおもしろかったです。納戸を改造して仕事部屋にするのに、大わらわで、
本棚を作ってほしいという町子さんと「本なんか読んだら売りなはれ、いい年して書いてあることは覚えときなはれ。何で小説なんか書いてるんですか?」という大工さんとのやりとりがなんとも。
やはり、本は何度も読み返して味わうもの、食べ物のようなものだと思いますが。(これだからわたしも本は捨てられないのです。)町子さんの少女時代もほのぼのとしてていいですね。
好きな男の子が出来てもなんにもいえなかったり、カフェの女給さんの子に違和感や嫌悪感を覚えて優しくできなかったり。
久しぶりに後味がすっきりするドラマに出会えました。
藤山寛美さんの舞台も見たことがあります。特に笑わせる場面でもない普通の場面で、寛美さんのとぼけた間合いがおかしくてわらってしまうことが、よくありました。それでは、又。

投稿: みかん | 2006/10/31 17:09

みかんさん はじめまして コメントありがとうございます

『芋たこなんきん』毎日楽しいですね

>大工さんとのやりとりがなんとも。

私もここは笑ってしまいました。

大人も子供も活き活きしていていいドラマですよね~

寛美さんの舞台にもこのドラマにも感じるものは、『人が好き』という心です。
心があたたかくなり、ホッとします。

投稿: yoshi | 2006/11/01 16:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 芋たこなんきん:

« 娘夫婦の連休 | トップページ | 連休が終わって・・・ »