« 体が・・・ダルイ・・・ | Main | とうとう決勝戦!ヽ(^o^)丿 »

続・夫のニセコ釣行

この記事に、札幌のポロさんからのご質問をうけた私たちは、昨年で辞めたとはいえ、なんせ釣具屋歴26年です^^、久々に釣具屋のおじちゃんおばちゃんに戻った気分です。^^

ポロさんに釣りの経験があるのか、『ど素人』というのがどの程度ご謙遜なのかわかりませんので、説明がちょっと難しかしいのですが、一応下記のようになりました。
いらぬお節介の部分はお許し下さい。
また、もしまだ不明ば点などがありましたらご遠慮なくご質問下さい。

* * * * *これがなければ釣れないです * * * * *

  • 竿 : 渓流竿3,5m前後 
  • 糸 : 0,4~0,8号テグス
  • 針 : ヤマベ針 7号
  • オモリ : ガンダマ 7号(仁丹粒くらい)を中心に大小数種
  • 目印 : 羽、プラ、発泡などいろいろありますお好みで
         (見やすく、風の抵抗の少ないものが良いです。)
  • エサ : イタドリ虫 ・ ブドウ虫
  • エサ箱
  • ウエーダー:(胴付長靴)フェルト底、丈はウエストまでのものでOK。川の中に立って、少しづつ移動しながら釣ります。

※毛ばり:朝夕の虫が飛ぶ時間帯は、毛ばりも良いです。
      テンカラという既製品の仕掛けがよいでしょう。

* * * * *あると良いものです * * * * *

  • 手袋 : (渓流釣用):魚を掴むとき、魚がすベりません。
  • 偏光サングラス : 目がラクです。川底が見えますので、深みもわかり安全にも。
  • カッター(魚の腹さき用です。100円ショップなどにあるミニでOK)
  • ビク : 竹ビクのお手軽なもの(千円くらい)でOK。
       中に濡らしたフキの葉を敷き魚をいれます。気化熱で涼しいのです。
  • クーラー : 発泡の箱でも良いです。
          ペットボトルに水を入れ凍らせたものを入れ、車に積んでおくと便利です

※ヤマベなどの渓流魚はとてもいたみやすいので、1時間くらい(長くても2時間)経ったら、川原で内臓を出し、えらも取り除き、川の水で血を洗ってビニール袋などに入れ、その都度クーラーに移しておきます。

* * * * *釣り方(コツ) * * * * *

夫に『釣るコツは?だって』と言うと、『魚のいるところにエサを流すこと』とのことです(^^)
魚のいるところへ、あたかも虫が自然に流れにのってやってきた様にエサを流す。
なるべく細い糸をつかい(糸が流れの抵抗をうけにくくするため)、流れにあったオモリを使い、川の流れに自然にエサを流すのです。
ご存知かもしれませんが、ウキは使わない脈釣りという釣り方です。
魚のいそうな場所を狙ったら、その少し上に竿をおろし狙った場所へエサを流し、目印の微妙な変化(止まる・動く)に神経を集中する。手ごたえがなければまた上から流してゆく。アタリを感じたら合わせる(竿をサット上げてかける)これのくりかえしになります。

そして、大切なのが魚のいる場所です。
川にはいろいろな流れのいろいろな場所があります。
何処に魚がいるかというと、エサ(虫)が流れたり、転がったりして来そうなところとなります。
たとえば、ちょっとした高低差でできた落ち込みの渦、子砂利や石で瀬になっているところ、石や障害物に水がぶつかり小さな渦ができているところ、また川のふちで上に木がおおいかぶさっているようなところ、川のふちで水が巻き少し深くなり水がゆっくり流れているところ・・・
だいたいこんなところに魚はいるはずです、川をよく見て想像して挑戦して下さい。
夫からもう一言
『流れの中心ははずしたほうがいいです。それと今の季節は10cmの深さがあれば魚はいます』

* * * * *今回のポイント(場所) * * * * *

渓流釣りはとくに場所の情報が重要です。そしてそれはかなりがシークレットな情報なのです。

釣り人のケチや意地悪ではなく、いろんな人に情報を流し、釣り場が混んだり荒れたりしたら、そこの場所で楽しんでいた他の釣り人にも申し訳ないのです。

で、ここに詳しく載せることはひかえることにしました。詳しい場所は、地図を描き添えてポロさんに直接メールをお送りすることにします。ご了解下さい。

* * * * *追記 * * * * *

以上のようになりましたが、接客でご案内するのと勝手が違いますので心配です。

今回の大雨で川がどうなっているか心配です(濁っていたら釣りにはなりませんから)。9月までにはまだ日がありますので大丈夫だとは思いますが。(^^)

|

« 体が・・・ダルイ・・・ | Main | とうとう決勝戦!ヽ(^o^)丿 »

Comments

丁寧な解説ありがとうございます!

釣具屋さんだったのですね。納得の情報量です(笑)

必須アイテムにウエーダーがあるということは、相当深いポイントでないと釣れないのかな・・・?

岸から(せいぜい膝下までの深さ)で考えていたのですが、甘かったですね・・・。

でもせっかくなので、釣果はあまり期待せず楽しめればいいなと思っています。

メール楽しみにしています!よろしくお願いします!!

Posted by: ポロ | 08/20/2006 at 21:43

ポロさん こんばんわ

勿体つけているみたいで、地図遅くなってすみませんが
ちょっと待っててくださいね

ウエーダーですが、夫の話では
ウエーダーを履いて立ちこまないと渓流釣りはできないようです。
ポイントまで届かないことと、岸に立って釣りができるような場所はないそうです。
ただ、深さは膝くらいまでのところがほとんだだそうです。

>釣果はあまり期待せず楽しめればいいなと思っています

初めてのお客様はよくこうおっしゃいます^^
でも、経験から言わせて頂きますと、釣りは釣れなければ余り楽しくないですよ^^
釣に行くからには『釣るぞー!』っと行ってくださいな^^

夫が『オレが一緒に行ければ一番いいんだけどな』と言ってます。^^

Posted by: yoshi | 08/21/2006 at 00:12

メール届きました!!

本当にありがとうございます。手書きで丁寧に解説まで!
是非活用しますね!

ウエーダー買う余裕はなさそうなので、みんなでズボン捲り上げて頑張ってきます!
「いっぱい釣ってきます!!」

釣りの日記で立ち寄って以来、毎日このブログにお邪魔するようになりました。これからも色んな日記楽しみにしてますね!

Posted by: ポロ | 08/23/2006 at 04:16

ポロさん

メール届きましたか、良かったわ^^
喜んでいただけたらうれしいです。

夫からの追伸
『あの道なりに行くと、橋のそばなどに何箇所か車を止める場所がありますので探して下さい。』

>「いっぱい釣ってきます!!」

がんばって下さいねー!
最近、ずーっと雨模様なのが気になります。川が濁ってなければいいですね。
無事大漁を祈ってますね。^^

Posted by: yoshi | 08/23/2006 at 12:29

ニセコ行ってきました!!

地図に従い、よさげなポイントにたどり着いてみると、ウエーダーを履いた人が二人ほど。
こちらは、予算の関係でありあわせの道具・・・(色々アドバイスしていただいたのに申し訳ありません)
少し離れて、下流のほうで釣り開始!

天気にも恵まれ、気持ちよく釣りができました。
残念ながら山女魚は釣れませんでしたが、ウグイが大漁でした。

予定とは違いましたが、「釣る楽しみ」は十分味わえました。
不安でしたが、工夫しておいしく食べることもできたのでみんな大満足です。

本当にありがとうございました。
これからも素敵なブログ、楽しみにしていますね!
またお邪魔します!!

Posted by: ポロ | 09/03/2006 at 21:20

ポロさん

山女魚が釣れなかったのは、ちょっぴり残念ですが
皆さん、楽しく過ごされたようで良かったですね^^
ご案内した私達もうれしいです。

ご丁寧にご報告ありがとうございました。

Posted by: yoshi | 09/03/2006 at 22:20

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14050/11491494

Listed below are links to weblogs that reference 続・夫のニセコ釣行:

« 体が・・・ダルイ・・・ | Main | とうとう決勝戦!ヽ(^o^)丿 »