« 夫の胃潰瘍① | Main | 嵐の夜 »

夫の胃潰瘍②

夫が倒れたのが、胃潰瘍による大量の出血でおこした貧血だったとわかったとき、私は『助かったー、よかったー』と思いました。

心筋梗塞でも脳梗塞でもなく胃潰瘍だったこと・・・

そして『ウツ』になったりする前に夫の胃が降参してくれたこと・・・

本人はつらい思いをしたのですが、私はほんとうに良かったと思いました。

昨年の夫の退職、そして新しい世界に飛び込んでからは、ハラハラしっぱなしでした。

だんだん、細くなってゆく夫、50代も後半になってからの、新しい世界それも肉体労働は想像以上に過酷なものだったようです。

でも、自分の我儘でこうなったと責任を感じている夫は痛む体に耐えながら働き続けていました。いつまで自分の体がもつのかという不安とも戦いながら・・・

そんな夫に追い討ちとなる出来事がありました。

親切な友人、仲間だと思っていた人と今の社長の・・・言わば・・・裏切りです。

昨年の転職は人間関係が原因だったので、またもそれで退職ということは情けないし、できれば避けたい・・・第一、辞めたところであてがない・・・そんな、夫の苦悩が手に取るようにわかりましたが、ただ心配するしかできませんでした。

昨年の退職は突然で多少乱暴な行為だったこと、退職は後悔はしていないけれど行為は反省するようになったり、そこで乗り越えなければならない人生の壁から逃げてきちゃったから、また壁があらわれたのだろうか・・・でもきっと越えられるよ、道は開くよ、今が一番つらい時なんだよ・・・そんな話を夫といろいろ話す日々もありました。

でもときには、何を言っても心を閉ざしてしまうこともあります。そんなときにはもうじっと見守ることしかできません。

そんなとき私は(夫の神様、夫の守護霊様、夫の父母、皆さん!どうか夫を救ってやって下さい)と胸の中で祈り手を合わせていました。

最近の夫はさらに私との会話もあまりしなくなっていました。

ウツになんてなったらどうしようかと不安になりながら、私はあることを習慣にしていました。

朝、出勤の夫を外で見送りながら『お天道様、今日も朝を迎えることが出来ました、ありがとうございます。どうか夫をお守り下さい。夫が明るい心をとり戻せるようお導き下さい、お力をおかし下さい・・・』と心の中で、ときには車を見送りながらつぶやいたりしていたのです。

そんな、日を送っていたところ、今回の夫の病気です。

これは、きっと何かの節目になるきっかけなのだと私は思いました。

で、こんな言葉に更に確信を得たのです。

夫は痛い思いも、ひもじい思いもしていろいろと可愛そうでしたが、私達にとってきっと良いきっかけがあたえられたのだと私は信じているのです。

|

« 夫の胃潰瘍① | Main | 嵐の夜 »

Comments

病気は辛く苦しいですよね。
これからもがんばってください。

Posted by: BENELOP | 03/27/2006 at 18:07

yoshiさん、
旦那様の退院おめでとうございます。
本当によかった。

お天道様にいつも感謝して、そしてご先祖様にお守りくださいとお願いしていたyoshiさんの心がけがよかったのだと思います。
なんとなく虫が知らせたというのもきっとご先祖様が知らせてくれたのですね。

病気もプラスに考えられるyoshiさんなら、この先も大丈夫。
旦那様を立派に支える姿、私もお手本にしたいです(^^)

どうぞお大事になさってください。

Posted by: ぶんぶん | 03/27/2006 at 19:37

BENELOP さん はじめまして

>病気は辛く苦しいですよね。
ほんとうに、本人だけでなく家族にとっても・・・

>これからもがんばってください。
ありがとうございます。

ぶんぶんさん こんばんわ

なんかいろ~んなことをウダウダ考えた結果
感謝とお願いの祈りにゆきついた・・・というか、私にはそれしか出来ないことをさとったというか(*^^*)

>私もお手本にしたいです(^^)
そんなそんなお恥ずかしい、それほどもものでは・・・(*^^*)

>どうぞお大事になさってください。
ありがとうございます


Posted by: yoshi | 03/27/2006 at 21:32

ご退院おめでとうございます。

yoshiさんの一つ一つの言葉に重みがありますね。

>きっと何かの節目になるきっかけなのだと
必ず良くなる!いろんな意味で。これは実感です。
一つ乗り越えるとよい事が待ってます^^これもまた、自分に振り返って実感。

どうぞ、退院されてもあせらず、ゆっくり、ゆっくり心身をおいたわり下さい。yoshiさんもお疲れがでませんよう。

Posted by: 桜桃 | 03/27/2006 at 23:06

桜桃さん こんばんわ

>・・・自分に振り返って実感。
そうでしたかー・・
でも、そういう言葉をうかがうと、ますます力が湧きます。うれしいです。

>ゆっくり、ゆっくり心身をおいたわり下さい。yoshiさんもお疲れがでませんよう。
ほんとうにありがとうございます。

Posted by: yoshi | 03/28/2006 at 22:43

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14050/9284356

Listed below are links to weblogs that reference 夫の胃潰瘍②:

« 夫の胃潰瘍① | Main | 嵐の夜 »