« 今日はバレンタインデー | トップページ | はじめてのチョコレート »

2006/02/14

元気のないトリノ

残念ながら、まだ日本選手にメダルはありませんね。

世界は広い、そして何がおきるかわからないんですね~

そんな最高にドラマチックなオリンピックというものを、ワクワクしながら見ています。

新聞や、ニュースの見出しに『日本惨敗』ってでるのは、つらいです。

『惨め』って・・・ヒドイ感じがします(>_<)

一人一人が運も含めていろんな理由で負けてます。(今のところね)

結果の評価のすべては、選手の皆さんの胸の内にあるものと思います。

『メダルをとれませんでした、すみません』って謝る姿は、いつも思うのですが、なんとも胸が痛みます。『いえいえ、そんな、とんでもない』って言いたくなります。(^^)

***************

試合後のTVで、荻原次晴さんが上村愛子さんにかけた言葉が胸にしみました。

『皆は、愛子が金メダルをとれそうだから応援してきたんじゃないんだよ、金メダルをとるために愛子が一所懸命がんばっているから応援してきたんだよ・・・』

・・・(T_T) ジーンときちゃいました。

この優しい次晴さんは、トリノから応援ブログを書いています。

|

« 今日はバレンタインデー | トップページ | はじめてのチョコレート »

コメント

結果を期待するのは仕方ないことです。
しかし、それを目指して努力する姿にこそ、感動を与えてくれるのだと思います。
スノーボードの選手たちとスピードスケートの選手たちとの取り組む姿勢は少し違いがあるのではとも感じた。
世界は広く、みんな努力をしているのです。
それに打ち勝ち、結果を出す。
視野の広さが違うと感じた。
選手たちにそれを言うは酷だろうかな?

投稿: たぬき親父 | 2006/02/14 16:06

たぬき親父さん はじめまして
コメントありがとうございます

スノーボードの若者に対するご意見
おっしゃりたいことはすご~く良くわかります(^^)
私が持っていた、今までのスポーツマンのイメージとはかなり違い、外国人のような、ときには異性人のようにさえ・・・(^^)

この消しがたい違和感は偏見と片付けられるようなものかもしれません。

彼らの努力はもちろん尊敬しています。

今回の苦い経験が若い彼らの人生にとってかけがえのない大切な経験となることを祈りましょう・・・大人の余裕でね、たぬき親父さん!(^^)

投稿: yoshi | 2006/02/14 21:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 元気のないトリノ:

« 今日はバレンタインデー | トップページ | はじめてのチョコレート »