« 優勝旗は誰のもの? | Main | タスケテ・・・とれない・・・ »

イサムノグチ展 : 出会い

isamunogutiten  日曜日、ずーっと行きたかった美術展にやっと行ってきました。

男性陣(夫と婿殿)は『いってらっしゃい!』とパスしましたので、娘と二人で芸術を満喫してきました。

札幌芸術の森で開催中の『イサム・ノグチ展』です。

私は、絵や彫刻など人が作ったものを見るのが大好きです。

そしてこのイサム・ノグチ展は、とくに娘と一緒に行きたいと思っていたのです。

もう何年も前、二人で厚生年金会館のコンサートに、珍しく歩いて向かっていたときのことです。

気持ちの良い気候で大通りをのんびりと散策しながら西へ向かっていました。

blackslidemantora1 大通りの8丁目あたりにきたとき、そこにすばらしいモニュメントを見つけ、思わず近寄ってしまいました。

近ずくとそれはなんと滑り台でした、石にもかかわらず人の温もりのような暖かさを感じ、思わず滑ってしまいました。

その滑らかな肌と曲線にすっかり魅了された私達は、その滑り台を撫で回し、なんと『こんなのひとつ家の庭に欲しいねえ』(その前に庭だけど)などと話したのです。知らないということはおそろしいです(^^)

blackslidemantora3 blackslidemantora2

やがて、イサムノグチというサインとともに『この彫刻は子供たちのお尻で磨かれて完成する』ということばを見つけて、作者のファンになってしまったのでした。あとで知ったのですが私達親子が欲しいと思った滑り台は『ブラック スライド マントラ』と言う名の有名な芸術作品でした。(*^^*);

そんなイサム・ノグチのさまざまな作品に出会えるのです。

娘とともに、ワクワクして出かけました。

来週28日までの開催で、来週は北海道マラソンで札幌の街が移動しずらくなるためか、はたまた前日の土曜は甲子園の決勝戦を見ていたからなのか・・・とにかく、すごい人出でした。

私達は別の方向からすんなり入場できたのですが、札幌市内からの道はものすごい渋滞の列が何キロも続いているようでした。

感動の報告はあらためて・・・

|

« 優勝旗は誰のもの? | Main | タスケテ・・・とれない・・・ »

Comments

はじめまして。
TBさせていただきました。
イサム・ノグチ展が東京であることを知って歌を詠んだのですが、札幌でモエレのオープン記念で先にやってるんですね。
モエレにはぜひ行ってみたいと思っています。
うらやましいです。
去年、大通り公園を歩きましたがノグチの作品があるのを知りませんでした。痛恨の極み、です。

Posted by: 謎野 | 08/25/2005 at 00:42

謎野さん はじめまして
TBありがとうございます。

>刻み彫り磨ける石の空間のノグチの宇宙にわれら漂ふ  

この心境、とても共感致しました。

>モエレにはぜひ行ってみたいと思っています。

私もです、そのためには体力を充実させておかないと・・・とにかく広いんですよ。(そばを通りっただけです)
イサムノグチの空間の大きさを受け止められるのは北海道が一番良いのじゃないかと、道産子の私は勝手に思っています。          

Posted by: yoshi | 08/25/2005 at 12:46

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14050/5604191

Listed below are links to weblogs that reference イサムノグチ展 : 出会い:

» 050825 日々歌う [雪の朝ぼくは突然歌いたくなった]
図書館でチラシ見つけて胸躍るイサム・ノグチ展木場で開かると 昨夏にロングアイランド訪ねしの高ぶり瞬時甦りたり 改装を終へたるノグチ・ミュージアム三角に建つ町工場跡 刻み彫り磨ける石の空間のノグチの宇宙にわれら漂ふ             http://www.maybelline.co.jp/l99l119l336.htm ... [Read More]

Tracked on 08/25/2005 at 00:38

« 優勝旗は誰のもの? | Main | タスケテ・・・とれない・・・ »