« July 2005 | Main | September 2005 »

Posts from August 2005

先生は骨が折れる・・・

昨年紹介した先生の別のエピソードを、またひとつ・・・

中学校で勤務されていた時のことです。

生徒指導担当だった先生が、ある日いつも気にかけている(問題の)女生徒と放課後話していたときのこと・・・

その子のあまりの態度にカーッときて、思わず手が出そうになり、とっさに(イカン)と思った先生は、思わずそばの机か椅子の脚をおもい切り蹴ってしまったのだそうです。

激痛が走ったものの、そんな状況で『痛い!』というわけにもいかず、その場は必死で平気な顔をしたそうです。

痛みがとれず病院へゆくと、なんと足の指を骨折していたそうです。

先生は、痛みに耐えながら、生徒にばれないようその後もギブスもせずにすごしたそうです。

先生って、たいへんよねえ・・・(^^)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

遅ればせながら・・・ひとこと、ふたこと・・・

明日から9月、いろいろあった8月も終わります。

駒大苫小牧の優勝取り消しはなくなり、新チームも秋の大会にむけて練習を始めたようですね・・・

選手自身の暴力事件でも喫煙事件でもないのですから、高野連の決断は妥当かと思います。

しかし、某掲示板などを読んでいると、それでも納得できない人達がいるのですねえ・・・

最近、他人のことを良かったねと喜べない悲しい人達が多くなっているような気がします・・・寂しいです・・・

     *

運動などの活動での(とくに学生の)連帯責任についても、もっと内容を明確にするとか、今の人達に理解されるような連帯責任の取り方を検討するとか、そういう時がきているのではないかしら・・・

チームの気持ちがひとつになっているからこそ、連帯責任という形式が生まれるのでは・・・

『連帯責任=罰』ではなかったはず・・・

     *

さて、一件落着となり、とりあえずめでたいのですが・・・やっぱり、何かがすっきりしません。

(・・・私だけかもしれないですけれど・・・)

『チームの皆が心をひとつにして甲子園へ向かって必死に練習しているとき、そして甲子園へ出向き試合を目の前にしている最も大事なときに、自分の態度がきっかけでこんな事態になってしまって・・・皆に迷惑かけてしまって、ごめんなさい!

『息子の態度がきっかけで、このような事態になり申し訳なく思っています。自分にとって何が大事か、自分は何をすべきかということが高校生になってもわかっていない息子の責任は私にもあります。世間の皆様、野球部の皆さんに親としてお詫びいたします。』

もしもこんな台詞が聞けたなら、私の不完全燃焼のような心持もかわるのだろうけど・・・ムリね(^^)

     *

こういうときのテレビを見ていると、歯がゆいものですね・・・

司会者もコメンテーターも、その言葉だけは絶対言わない、いつもは辛口のゲストでさえもそのことだけは“お口、チャック!”(^^)

誰だって、怖いもんねー、『あいつは暴力肯定だ!』『生徒の人権は!』『生徒の気持ちは?』『ひどい人』なんて攻撃うけるのは・・・(^^)

間口の狭い、奥行きのない、日本人が増えているのかなー

あぶないし面倒だから、そういう人には触れないでおこうという人達は確実に増えていると思う。

私もそう、だって、怖いんだもん!(^^)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

本日は晴天なり

kasaburanka カサブランカ

今、花壇の主役です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

あかね雲

仕事が終わった夫を迎えに来ました。明日はきっといい天気・・20050827_1823_000.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

イサム・ノグチ展はあと2日

エナジーヴォイド

今夜は、芸術の森美術館の夜間営業の日です。

こんな雨降りじゃなかったら行ってみたかった・・・

イサム・ノグチ展はいよいよ日曜までになりました。

せめても、ここで眺めることにしましょう・・・

雨の中、ライトアップされたエナジー・ヴォイドを見つめている人が見えます。

先週の日曜に行ったときも雨が降ってました。

水面に設置され、雨に濡れたエナジー・ヴォイドは、凛として厳かで圧倒されました。

そこだけ、その周りだけ、別の空気が生まれ出、流れてているような、または静かに止まっているような・・・不思議なパワー・・・

皇后陛下のお手がすーっと伸びたのは、きっと吸い込まれそうになったのでしょう(^^)

energy

自分の想像力の乏しさを痛感しました。(あんな形だとは)

四国の美術館には悪いけれど、

このエナジーボイドは札幌のここにあるべきじゃないかと思いました。

energy

札幌のこの展示を考えた方はすごい!

すべての方向から見ることができるし、時間や天候の変化の中さまざまな表情が見られるのですから・・・

晴れた日、雨の日、雪の日、夕焼けの中、月の光の中・・・どんなエナジーを感じさせてくれるのでしょう・・・(まだまだ見てみたい)

雪の中に立つエナジーボイドは絶対!すばらしいと思います

あの曲線に雪はどう積もるのでしょう・・・(あー見てみたい)

あの、17t の巨大な魂は、このあと世界へ旅立ってゆくとか・・・

いってらっしゃい、気をつけて。

hahatoko 母と子

抽象なんだけどとてもわかりやすい(^^)

母親と思われる形、その角度、曲線、優しさ・・・

これはタイトルを見るまでもありませんでした。

orijin オリジン

私は、今回これがとても心に残っています

太古の海から生まれる生命の起源のような・・・

母の体から命が誕生するような・・・

大地の一部がもりあがり、今まさに何かが生まれでようとしているエネルギー・・・

この形に惹かれ、撫で回したい気持ちになりました。

作者の人間感のようなものが、数々の作品からあふれ出ている気がしました。

彼は、人(人肌)を恋い慕い続けた人なのではないか・・・私の感想です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

やっぱり気になって・・・

うちの子供達の部活は、長女は中高と吹奏楽部、息子達は野球部でした。

子供達が部活でさまざまな思い出をつくったように、夫も私も親としてとても楽しい経験をさせてもらいました。

とくに野球部のほうは、親の出番も多く、親同士の交流も結構ありました。

試合の応援はもちろん、車を出したりと親が顔をあわせることも多いのですと言うより親の協力体制は不可欠なのです。(きっとどこでもそうでしょう)

公立の普通の学校の普通の野球部ですから、予算も余裕はなくそれを補うには親が身をもって協力しなければなりません。

学校を使った合宿のときには、母親達が当番でご飯支度にもゆきました。

泥んこになって練習している姿を身たり、食べ盛りの男の子達の食べっぷりに驚いたり、よその子もうちの子もみんな可愛いいと思ったものです。

あのお父さんは・・・

そういう親の幸せを感じていたのかしら・・・

今、自分の息子を守っているお父さんは・・・

他の部員達は可愛いと思わなかったのかしら・・・

真冬にまで過酷な練習をしてあんなにがんばっている子供達は・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

野球部員のお父さんの気持ち

野球部の部長先生と校長先生が、生徒とお父さんに謝罪をしたそうな・・・

昨夜の謝罪は正式ではないので、改めてまた日を設けるのだそうな・・・

「自分たちの願いは、部長にきちんと謝罪してもらうことだけ。しかし、謝罪がなければ、訴訟はもちろん考えている。その時はとことんやるつもりです」法的手段に訴えてまで、真実を争う意思をあらわにした  2005年8月25日(木) 8時1分 スポーツ報知

こう話していたらしいお父さんは、今朝のニュースでは、「誠意が感じられた。これで、少し気持ちが軽くなった」と話していました。

それを見た私は、気持ちが重くなりました。

この気持ちが大事なお父さんは、先生達の気持ち、他の部員達のきもち、その家族の気持ち、その他 今回のことで心を痛めた日本中の野球が好きな人達、そんな自分以外の人の気持ちには思いが及ばない?・・・んなわけないですよね・・・ないことを願います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

夜の空気

昨夜10時頃、外に出て驚きました。

いつの間にか 初秋の夜に変わっていました。

草むらからは虫の声が、まだやや遠慮がちながら聞こえ、

夜風は、涼しいとつめたいの境界線の気温で心地よく、

澄み切った空には大小無数の星が見え、

いつの間にか明るさを増していた月もありました。jagabata

何よりも、感じたのはにおい、

実った草の実なのか、枯れたような草の匂い・・・秋の匂い

台風11号が東へ去ったら、秋本番となることでしょう

| | Comments (2) | TrackBack (0)

タスケテ・・・とれない・・・

今朝、「得ダネ!」でとりあげていたのですが・・・

それから、ずーっと頭の中で歌い続けています・・・

マイヤヒー!マイヤフー!

 マイヤホー!マイヤハッハー!

ここだけがエンドレス状態です・・・

もう夕方なのに、気がつくと、まだとれてない・・・タスケテ

| | Comments (2) | TrackBack (0)

イサムノグチ展 : 出会い

isamunogutiten  日曜日、ずーっと行きたかった美術展にやっと行ってきました。

男性陣(夫と婿殿)は『いってらっしゃい!』とパスしましたので、娘と二人で芸術を満喫してきました。

札幌芸術の森で開催中の『イサム・ノグチ展』です。

私は、絵や彫刻など人が作ったものを見るのが大好きです。

そしてこのイサム・ノグチ展は、とくに娘と一緒に行きたいと思っていたのです。

もう何年も前、二人で厚生年金会館のコンサートに、珍しく歩いて向かっていたときのことです。

気持ちの良い気候で大通りをのんびりと散策しながら西へ向かっていました。

blackslidemantora1 大通りの8丁目あたりにきたとき、そこにすばらしいモニュメントを見つけ、思わず近寄ってしまいました。

近ずくとそれはなんと滑り台でした、石にもかかわらず人の温もりのような暖かさを感じ、思わず滑ってしまいました。

その滑らかな肌と曲線にすっかり魅了された私達は、その滑り台を撫で回し、なんと『こんなのひとつ家の庭に欲しいねえ』(その前に庭だけど)などと話したのです。知らないということはおそろしいです(^^)

blackslidemantora3 blackslidemantora2

やがて、イサムノグチというサインとともに『この彫刻は子供たちのお尻で磨かれて完成する』ということばを見つけて、作者のファンになってしまったのでした。あとで知ったのですが私達親子が欲しいと思った滑り台は『ブラック スライド マントラ』と言う名の有名な芸術作品でした。(*^^*);

そんなイサム・ノグチのさまざまな作品に出会えるのです。

娘とともに、ワクワクして出かけました。

来週28日までの開催で、来週は北海道マラソンで札幌の街が移動しずらくなるためか、はたまた前日の土曜は甲子園の決勝戦を見ていたからなのか・・・とにかく、すごい人出でした。

私達は別の方向からすんなり入場できたのですが、札幌市内からの道はものすごい渋滞の列が何キロも続いているようでした。

感動の報告はあらためて・・・

| | Comments (2) | TrackBack (1)

優勝旗は誰のもの?

またまた、駒大苫小牧野球部のことなんですが・・・

校長先生の記者会見のことばの中に、自分達は加害者側なので、今後の処し方は(高野連などに)おまかせするというような内容があり、その中には優勝の返還もあるように話されてました。

bikkuri

先生、ちょっと待って下さい!

あの優勝旗は誰のものですか?

誰が加害者で誰が被害者なのですか?

生徒たちにとって何が一番大事なのか、

あなた達が守るべきは何なのか、ちゃんと考えて下さい、お願いしますよ!

先生なんだから!

| | Comments (0) | TrackBack (1)

気をとりなおして・・・秋です

雨の後の湿気はあるものの空はもう秋です。

二匹繋がったトンボがその空いっぱいに飛び交っています。

いつの間にか、ススキも穂が出てました・・・

おいしいものがいっぱいで・・・また悩みの秋です。

tomato1 我が家の朝もぎトマトです。

夫はスーパーの赤いトマトは味が薄いと文句を言います。

ちょっと緑色のすっぱくて固いトマトをかじりたいと言います。

そんな夫のために、毎年花畑の片隅にトマトを植えています。

今年は初めて、フルーツトマトの田園倶楽部でミディトマトの苗を買ってみました。

甘酸っぱく、味が濃くて、夫は大満足です。

tomato2 まだ、こんなにあります。

(^^)たのしみです・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

暴力はもちろんダメよ

今朝は、こんなニュースで始まってしまいました。

第87回全国高校野球選手権大会(朝日新聞社、日本高校野球連盟主催)で連覇を果たした駒大苫小牧高校(南北海道)が22日夜、苫小牧市内の同校で会見を開き、野球部部長(27)が、2度にわたって部員に暴力をふるっていたとして22日から謹慎処分にしたと発表した。処分期間は未定。
 会見した篠原勝昌校長によると、3年生の部員の保護者から8月8日に「子どもが暴力をふるわれた」と学校に通報があった。翌日に同部長に確認したところ、6月2日に練習態度が不まじめだとして素手で数回、8月7日にスリッパで頭をたたいたと認めたという。この部員は甲子園では登録外で、ベンチ入りしていなかった。2005年8月22日(月) 22時46分 朝日新聞

なんだかなー・・・

部外者はなんとでも批判できますから、今朝あたりコメンテーター衆はいろいろ語られることでしょうねー

暴力はもちろん悪いです、それは言うまでもありません。

そして暴力をふるった者は責められて当然です・・・

でも、なにか釈然としないのはなぜでしょう・・・ ・・・

この部長である先生は自分の行為を、この生徒がどう受け止めるか、またその後どう受け止めたかにその子の心に気を配ったのででしょうか、自分とその生徒の信頼関係に気を配ってくれたのでしょうか・・・プロなんだからねえ・・・

この告発をした親子の気持ちはひとつなんでしょうね、息子も納得しているのでしょうね・・・ ・・・

親として自分の子供を守らなければという思いは理解できます、それは絶対です。

Continue reading "暴力はもちろんダメよ"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

今朝

昨日から今朝にかけてものすご~い 雨 !でした。

今は、薄日もさしてきました。

気温は下がりましたが、大量の雨でしたので湿度はまだ高いです。

昨夜は、車で札幌に出かけて帰り道に、まともにこの物凄い雨降りにあってしまいました。

ワイパーが限界!という感じの降りでした。

運転は娘でしたが、助手席でも緊張してしまいましたので、運転はかなり怖かったと思います。

雨は道東へと移っていったようです・・・

この雨雲を四国へと持って行けたらいいのに・・・

////////////////////////////////////

今朝の、北海道の民放テレビは各局揃って、駒大苫小牧で大盛り上がり!

選手のお母さんも出演していました。

当然の大騒動ですけど、選手も関係者の皆さんも大変ですねえ

選手は、甲子園の試合のほうがラクなんじゃないかしら・・・

明日は道庁に行くとか・・・、

千歳空港も去年以上の大騒ぎになっていましたから

道庁もすごいことになりそうですね。

その様子は娘が報告してくれることでしょう。

※ こちらに、彼等を讃える詩が紹介されてました。(ジ~ン・・・)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

二連覇! 

やりました駒大苫小牧! 日本一!!

緊張感のある、いい試合でしたねえ・・・どちらも、すばらしかった。

ここでも、大興奮で観戦してたようです。私も、テレビの前から離れられず、一人じーっと見守り声援を送っていました。

こんなに一所懸命に応援した野球は息子達の試合以来かな(^^)

去年の初優勝のときは、信じられないまま勝ち進み、ついには優勝してしまった。喜びというより驚きでした。私と娘達は買い物にでかけスーパーで優勝を知ってしまったので、今回は真剣に応援してました。

それにしても、すごいなー若き道産子達!

1947年以来、57年ぶりの二連覇だそうで、ということはうちの夫が生まれる前の年以来ということで・・・すごい!

どんな天才バッターや天才ピッチャーがいたってできるもんじゃないんですよね・・・ほんとうに立派!

一昔前までは、北海道の高校は甲子園で負けてもしかたないという感じでした。長い冬の間、グランドで練習できないというハンディは乗り越えられないものと誰もが思ってました。これからは、それを負けの理由にはできないですね。

いくら雪の少ない苫小牧でも寒さは強烈ですから、彼らは冬を補うさまざまな練習をこなしてきたのでしょう。

心から、おめでとう!!

| | Comments (4) | TrackBack (0)

決勝進出だー!

あ~ 疲れた (^^;) (テレビ観戦で)

駒大苫小牧は、準決勝で大阪桐蔭に延長10回の末6-5で勝ちました。

今日の第一試合京都外大西と宇部商もいい試合でした。

明日、駒大苫小牧は京都外大西との決勝戦です。

大阪の辻内君はすばらしいピッチャーですねー

そして、強打者の平田君、10回裏、2アウト、ランナー1塁で出てきたときにはどうなるかとテレビの前で息をのみました。

その平田君がラストバッターとは、昨日の3本のホームランの影響は本人にもあったのかしら・・・

そういえば、昨夜のスポーツニュースでは平田君の1試合3本のホームランが清原以来の記録とうことで、当時の清原選手の姿を久しぶりで見ました。(細ー)

あの、さわやか清原君が、今やあの風貌とは・・・それはともかくとして(^^)

みごと復活して、男の花道をきめてくれることを祈ります。

できれば、桑田とともに・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

南の国から・・・

buzentayori 長男の婚約者の実家より

また、宅配便がやってきました。

こんどは、こんなにたくさんの詰め合わせです。

その品々は、おうちで生産している、ゆずやブルーベリー、いちじくなどをお母さんの手作りで加工し、パッケージは息子さんデザインと、まさにホームメードです。心のこもったあたたかさを感じました。

豊前の道の駅でも販売されていて好評とか、すごいです。

働く喜びを持って、いきいきと暮らしていらっしゃるご家族の姿が想像できて、うらやましいほどです。

娘の家、婿殿の紋別の実家と分けさせて頂くことにしました。

この、南の国からのおいしい便りは、さらにオホーツクへと飛んで行きました。

北から、南からあたたかい心が行き交う、子供たちが結んでくれた縁に感謝です。

buzentayori4 buzentayori5

buzentayori6

buzentayori3 buzentayori1

buzentayori2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

夜風にのって ♪

心地よい夜風に乗って、盆踊りの音が聞こえてきました。

  ♪ 銀のね~ 銀の翼は世界をつな~ぐ ヨイヨイ

     空の港も ???? 晴~れて~ 

     今日もあしたも 今日もあしたも ヨイヨイヨイ

     おきゃ~くさ~ま~     

     千歳 よいとこ アリャリャンリャン

     千歳 ヨイヨイ ヨーイヤサー ♪

これは 『千歳音頭』です。

もう何十年も行ってないので歌詞はうろ覚えです。

私が子供のころにはもうあった千歳市のオリジナル盆歌なのですが、私としては合いの手がいまいちカッコよくないなあと子供のころから思ってました。

午後6時頃からは、子供盆踊りが始まり、やがて8時過ぎからは大人の盆踊りタイムとなり、この『千歳音頭』と『北海盆歌』が流れます。子供の時間にもこの千歳音頭も踊っていたかもしれません。

  ♪エンヤーコーラヤット ドッコイジャンジャンコーラヤッ

   ハーー 北海名物  アッ ドーシタ ドシタ

   数々 コリャ あーれどなー ♪

ご存知! 『北海盆歌』は、力強くて好きです。

ちょっと情緒には欠けますけど、これが北海道という感じです。

子供の頃、大人が踊るのをカッコいいなあと眺めていると、『子供の時間は終わりましたー』と言われ渋々家に帰っていったものです。

自分も踊れるようになったときには、なぜか晴れがましく、うれしかったのを覚えています。

今この盆歌聞いて、『ドリフじゃん!』なんて言う若い人いるかしら?

こっちが本家ですから、踊りもドリフのとは違いますから、念のため(^^)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

うちの車窓から <3>

石狩平野

稲の穂に実が入って少しふくらんできています。

やがて黄金色の絨毯となることでしょう。

左の写真の遠景の少し高くなっているところは、石狩川の堤です。

右の写真の遠くにはポプラの樹がみえます。

isikariheiya1 isikariheiya2

最近の調査では、道外の方が抱く北海道の景色のイメージは、富良野、美瑛に代表される丘の風景だそうです。

確かに、絵になるのは丘の畑の景色ですからねえ。

一昔前は、北海道のイメージといえばこの写真のような風景だったそうです。

地平線が見渡せるこの広さ、大きな大地に大きな空。

その代表がこの石狩平野です。

純粋道産子の夫も私も、このな~んにもない広さに北海道を感じます。

北海道は でっかいどー!\(^0^)/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

うちの車窓から <2>

soba1 soba2

soba3 soba4

白いレースのクロスでも敷いたようなやわらかな風景は、満開のそばの花でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

うちの車窓から <1>

syasou1 牧草地

夫のふるさとの代表的風景はこれです。 

刈りとった一番草がビニールに包まれて点在してました。

ビニールの色も青、白、黒、白黒のストライプでまるで草原にシマウマがいるように見えるものまでありました。

syasou2

優勝賞金100万円! 挑戦しましょか?

和寒(わっさむ)町で見かけました。

玉入れなんて小学校の運動会以来・・・

と思ったら、子供の幼稚園のときにしたかな? 

syasou3 天塩川

ゆったり流れる大きな川

沿って走ったり渡ったり・・・

イトウの大物でも潜んでいそうなところもありました。

魚へんに鬼と書いてイトウ、さすがに漢字に変換はできませんでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

空気が変わった

今朝の窓から入る風は、昨日までと明らかに違います。

サラッとカラッとさわやか~です。

この風を、息子たちのところに送りたいわ~(^^)

もう、お昼に近い時間ですが、昨日までの、ムッとくるような風ではありません。

きっと、北の高気圧が覆ってきたのでしょう・・・秋近しです。

日差しは、相変わらず強いです。というより、澄み切った秋空で、いっそうギラギラと強く感じられます。

4日間の休みも今日で終わり、明日からまた夫の汗と泥の仕事が始まります。

おおーっ!!

なんだか、クラクラして目まいなのかと思ったらば・・・地震だわ!!

震度3くらいはありそう・・・

テレビをつけたら、宮城県の方の地震みたい震度6くらいあったらしい・・・

こちらまで揺れるとは大きな地震ですね

被害が小さいことを祈ります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サロン・ド・北倶楽部(旭川)

今日はおしゃれにコーヒータイム『おいしー!!』20050814_1200_000.jpgここで娘達にお土産を買って、帰途です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

お墓参りを終え休憩

二男からのプレゼントのジェットボイルでお湯をわかして、大自然の中でコーヒータイム。あっという間に沸きました、優れもの!20050813_1508_000.jpg

| | Comments (2) | TrackBack (0)

オロロン街道・初山別

バイクのツーリング多いこと、ナンバーを見れば宮崎、水戸・・20050813_1249_000.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

オロロン街道・苫前

20050813_1225_000.jpg

| | Comments (2) | TrackBack (0)

オロロン街道北上中

20050813_1210_000.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

お墓参り

夫が親戚の釣具店を辞めたので、今年のお盆は4日間のお休みになりました。

考えてみると、3連休はありましたが、それ以上の連休は結婚のときの休暇以来のことなのです。

もうすぐ結婚32年になるというのに、初めてのことだなんて・・・(^^)

世間が休みというときに忙しいのが釣具屋ですから、特にお盆休みなどとは無縁でした。

そこで、今年は夫の実家のお墓参りに行くことにしました。

ご先祖様、夫の両親のお墓に、今までお参りできなかったことを侘びつつ、我が家のこと、子供達のことを報告してくることにします。

夫の故郷は、北へ向かっておおよそ300km、サロベツ原野の近くです。

帰り道には旭川へ寄り、2002年に亡くなった夫の弟のお墓にもおまいりしてくる予定です。

帰省ラッシュで道は混むかしら・・・

明日は、朝早く出発するので、もう寝なくては・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

忙しい友人たち

夏休み、お盆と北海道ではいそがしいお母さん達が増えます。

息子や娘の帰宅、子供一家の帰郷というか滞在、長期滞在型の孫、夏休みの北海道旅行で立ち寄る親戚、・・・そしてお盆の行事

私の友人達も、それぞれにがんばっているようです。

『気楽な暮らしに慣れちゃってるから、ご飯支度だけでも、たいへんよー』と言いつつもちょっと嬉しそうな顔。

でも、皆、この言葉だけは実感のようです。

(私にはまだわかりませんがね)

 『 孫は来て良し、帰って良し 』

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今日はちょっと涼しかった・・・

今日は、湿度は低く、風は涼しく、日差しは薄曇り・・・久しぶりすごしやすい一日でした。

こちらの暑さのピークは過ぎたのかな?

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

暑い熱い甲子園で旭川工業高校は残念ながら初戦突破はなりませんでした。

ピッチャー、緊張のたちあがりに打たれたのが試合を決めたようでした。

中盤は良かったから、あと一本ヒットをというチャンスが活かせれば・・・おしかったですね。

お疲れさまでした!

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

自分も若いころピッチャーで思いっきり野球をしてた我が夫は

私が『おしかったー、あそこで○○だったら勝ってたのにー』と言うと

『負けるときは、そういうもんだ』とか『それが、弱いってことさ』などと言います。

そして、選手達の涙を見ると『泣くな!弱いから負けたんだ!』と言うのです。

私といえば・・・開会式の『栄冠は君に輝く』を聞いたときからスイッチが入ってしまい、若者の笑顔を見ても泣き顔みても、胸がキュ~ン、目頭がジ~ンときてしまいます。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

それにしても・・・アヂー・・・

今日の北海道は各地で、今年最高の暑さになってます。

昨日より湿度は下がってますが、日差しはすごい!

午後になってからは、窓から少しだけ入ってくる風もアツイ・・・

8月5日ですものねえ、北海道で今暑くなくてどうする!という時期なんです。

海水浴もプールキャンプも『それ、今だ!』という時です。

暑い、暑いと言ってても、今月の半ばになればもう朝晩は薄い上着が欲しくなったり、お盆も過ぎれば、残り少ない夏と秋の訪れを感じるようになるのです・・・短い北の夏です。

今日は金曜日ですから、札幌の大通りのビアガーデンは満員御礼となることでしょう。

この暑い中、時折つんざくような騒音をたて上空をジェット機が飛んでゆきます。

今週末の航空祭の航空ショーの練習飛行と思われます。

ちょっと蒸暑さが増す感じなんですけど・・・

| | Comments (0) | TrackBack (1)

おいしいはね品

meron meron2

メロンですが、売り物にならない撥ね品だそうです。

高い作物ほど基準が厳しいらしく、このメロンもちょっと皮に傷があって、形がまんまるではありませんでした。

気がつくところはそれくらいで、味にはなにも問題はありませんでした。

切ってみたら、もうちょっと追熟させたほうがよかったかもと思いましたが、夫は甘すぎなくておいしいと喜んでました。

この季節になると、こういう頂き物が増えます。

tomato 先日は、トマトでした。

黒いシミのあるトマトです。木になって熟して、シミができた、こういうトマトが一番おいしいのだということです。

スーパーに並ぶきれいなトマトは出荷するときにはまだ白っぽい色なんだとか、そうでないと商品にはならないのだそうです。仕方がないですね。

おしえられたとおり、黒くなったところは切り取って、トマトサラダにしました。

甘みも酸味も濃くて、本当においしいトマトでした (^^)

そのときに、『トマトの味噌汁もイケルよ』ともおしえてもらったのですが、まだ試してはいません・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

カーッ! ムッシーッ !!

ここ数日間、ずーっと雨模様でした。

煙るような霧雨、シトシトと降り続くずく雨、雷鳴とどろく大雨・・・

本州の梅雨とはこんなものかしらと思わせるジトジトとしたお天気が続きました。

フローリングもペタペタしてきて、気分までウェットになってしまいそう・・・

さて、今日は久々にお天道様が顔を出し、ギラギラと照り始めました。

たっぷりと水分を含んだ地面から、湯気が立ち昇りそうないきおいです。

夫の今日の仕事は、きびしいなあ・・・熱中症になんてなりませんように。

主婦としては、ひさしぶりのお日様で干したいものがあれこれと・・・

外に目をやると、のびほうだいになってしまった雑草が・・・

ため息ついてなんかいられない!

さあ、腕まくり!(ノースリーブだけど)

ピ、ピ、ピ・・・洗濯機も呼んでるわ p(^^)q

| | Comments (0) | TrackBack (0)

おいしー !)^o^(

20050801_2020_001.jpg

今夜は、夫の友人に誘われ私も一緒にお寿司やさんへきました。

テレビでも何度も紹介されているお店です。

小上がりに落ち着き、なんでも注文しろと言ってくれて嬉しいのだけれど・・回ってないのでなかなか思いうかびませんの(情けない)(*^^*)

人気店だけあります、おいしー!!)^o^(

| | Comments (2) | TrackBack (0)

我が家の男性達の今年は・・・

本日8月1日は、長男が新しい会社で新たなスタートをきる日です。

長男の話では、今回の転職(とは言わないのかな)、会社を変るとうことは、彼の人生設計の中では当初からあったことで、予定通りなのだということでした。

初めの会社でがんばり、数年後にはまた新たな会社に自分を置いて更に実力をつけてゆきたいのだそうです。

夫や私の感覚としては、今までの会社で育ててもらっていながら勝手なんじゃないか、育ててくれた会社に申し訳ないんじゃないのか?なんて思っちゃうんですけど、息子達が働く業界では、別に裏切りでも悪いことでもはないというのです。

新しい世界、業界なんですね・・・

社会人一年生の息子を、今日まで育てて下さった会社そして周りの方達、いろいろなご縁に感謝します。いままでの会社にはこんなご縁もありましたし・・・(^^)

新しい会社にもまたいい縁がつながりますように・・・

長男は人生のパートナーも決まり、ますます張り切っちゃうことでしょう。

希望に向かって、ステップアップし、努力し続ける息子達を応援し続ける夫と私です。

それにしても、今年って年は・・・

次男の転職 、夫の転職 長男の婚約、長男の転職・・・

いったいなんて年なんでしょー!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2005 | Main | September 2005 »