« なんとなく・・・ | Main | 人生の転機②子供達 »

人生の転機

二男の転職に続き・・・
父親のほうもです、昨日、働いていた釣具店を辞めました。
親戚(私の身内)の店でしたので、当然、私も失業ということになりました。

釣具業界へ入ったのは、長女が3歳になろうとしていたときです。
結婚後、一回目の転機でした。
当時勤めていた会社を辞め、私の義父(母の再婚相手)の誘いを受け転身したのです。
当時帯広にあった総合釣具問屋で1年半、業界の修行をさせてもらいました。
私と娘も一緒に帯広で暮らしました。
生活はラクではありませんでしたが、私達は希望に燃えていました。

その後、父母は千歳に出店し(後私の弟もその店で働きはじめました)
それまで父母が7年間営業していた恵庭の店を夫と私が受け継ぎました。
支店の店長さんとなったわけです。
支店とはいっても、パパママストアーで夫と私だけですが(^^)
そこでは、長男二男が生まれました。
陣痛が来るまで店に出てました。
赤ちゃんを背中におんぶし店に出ました。
初めて商売の道に飛び込み、奮闘の日々でしたが。
今振り返れば、楽しい16年間でした・・・
ガンバっていた自分達も育ち盛りの子供達も懐かしく思い出します。
店のお客様、ご近所の方達、商店街の方達にも良くして頂きました。
夫は今でも、そのときの商店街の御主人達の飲み会に誘われています。
そのときのお客様は、今でも夫を訪ねてわざわざ来店してくださる方が何人もいらっしゃるので、夫と有り難いねと話しあっているのです。

それまでの2店舗を統合し、釣具の大型店(大の小くらいですが)を出店することになり、夫も私も同意しました。
身内(義父、母、弟夫婦、私達)6人でスタートしたのです。
これが、私達夫婦に訪れたて2度目の転機でした。
一抹の不安はあったものの、99%は承知せざるを得ない状況でもあり決心しました。
悲しいことにその不安は的中してしまいました。
『決心して踏み出したのだから頑張ろう!』
『私達には子供達がいるんだし、子供達のためなら、なんだって辛抱できるよね』
『子供達が一人で生きてゆける日まで、辛抱だ・・・』
おかげさまで夫と私の、同士としての結束はますます強くなりました。(^^)
夫婦円満の秘訣は二人共通の敵(?)なのかもしれません。

父母が2000年の5月と11月にあっけなく亡くなり、
6人でかろうじて保っていたバランスが危うくなりはじめました。
そんな状態を微妙に保ちながら新店舗開店から10年がたちました。
月日の流れはあっという間でした・・・

そして、今回やってきました3度目の夫婦の転機です。
日曜の夜、いつもより少し遅く帰宅した夫は
『またやっちゃったー』とちょっと力の抜けたような笑い顔で話しだし、
『俺、もうきれちゃった・・・キレたんじゃないよ、気力が失せた・・・
もう、がんばれなくなった・・・辞めていいか?』
『横綱の引退みたいだね~気力体力の限界を感じ・・・』
それは、私が弟と絶縁することも意味する状況なので、夫は気をつかいつつ話しました。
私の気持ちは、いよいよ来たかという感じでした。
『お疲れ様、もう充分だと思うよ、体壊すんじゃないかと心配だったから、いつまで辛抱するのかと思っていたんだもの、今回のことは神様がくれたタイミングなのかもしれないよ、そうだとしたら今回の馬鹿馬鹿しい理不尽な出来事も納得できるもの、そう考えよ!きっとそうだよ!』
そして、頂き物でとってあったシャンペン開けて二人で乾杯してお疲れさま会をしました。

弟にとってはたった一人の姉として許されない行動かもしれません
今でも、心の隅には後ろめたいような気持も消えません。
でも・・・もういいんです
悲しむ(怒るかな)親たちももういませんし・・・
もう、いい!もうたくさんです。

これからは、私の愛する頑張りやの相棒には
信頼してくれる人達と働けて、
笑顔のある職場で、
インフルエンザになったら休めて、
子供の結婚式に気持ちよく休みをくれて、
円形脱毛症のハゲなんかできなくって
そして、ブッ倒れる程働いたあとには『ごくろうさん』と言ってくれる環境で汗を流してもらいたいのです。

夫はあと何年現役で働くのかは、わかりませんが
せめて、現役引退までの日々をそんな環境でがんばってほしいと願っています。

|

« なんとなく・・・ | Main | 人生の転機②子供達 »

Comments

内情が分からない第三者が何かコメントするのも、と思っていましたけど、aiさんのblogを読んで、良い意味での変化ということらしいので、ひとまず、よかったですね、お疲れさまでした。

折角の時間ですから、お二人でのんびりと新婚さん気分を味わって(笑)リフレッシュしてください。 何よりも気持ちと体が大切ですからね。

Posted by: 天国ななお | 06/02/2005 at 10:13

御二人とも、御疲れ様でした。
今頃ドライブ中でしょうか?ゆっくり楽しんでいらしてくださいね(^-^)

「共通の敵」が夫婦円満の秘訣というのは、何となくわかります(笑)。
でも、できれば身内以外がいいですよね(^^;

これからもご夫婦で穏やかに愉快な毎日を楽しんでください♪

Posted by: くわとろ | 06/02/2005 at 11:12

天国ななお様、くわとろ様

暖かいお言葉ありがとうございます
返信がこんなに遅くなりごめんなさい。

これからは、共通の敵ではなく
共通の喜びや幸せで円満に
楽しくやってゆきたいと思います。

Posted by: yoshi | 06/16/2005 at 11:52

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14050/4371851

Listed below are links to weblogs that reference 人生の転機:

» 父の門出 [ *ailand cafe*]
母のところでも話していましたが、父がずーっと働いてきた釣具屋を辞めました。 母は [Read More]

Tracked on 06/02/2005 at 00:26

« なんとなく・・・ | Main | 人生の転機②子供達 »