« お別れ | Main | 始まりました・・・ »

お別れ Ⅱ

aohana1.jpg

友人が人生半ばで逝ってしまった訳は、乳房のしこりから始まっていました。
一昨年の春に感じた小さな塊、昨年2月に切除したときには、
なんと、ソフトボール大で600gにもなっていたそうです。
なぜ、早く病院に行かなかったのか・・・
残された家族(ご主人・娘さん)はさぞ悔しい思いをされていることでしょう。

手術から一年後の今年2月、
再発した病魔は肺に転移し、治療法はないと医師から告げられていたそうです。
それから半年です・・・。

彼女の病は 『葉状腫瘍』
自分のためにも、愛する人のためにも
大人の女性は定期検診を受けなければいけませんね。
彼女のお陰で知ったこの病気を調べたところ
彼女の例は、数少ない最悪のケースだったようで・・・
不運としか言いようがありません。

/////////////////////////////////////////////

乳房の葉状腫瘍について

葉状腫瘍は楕円形のやわらかい腫瘍で、2~3ヶ月単位で比較的速く大きくなる
ことを特徴としています。触診所見、超音波所見、マンモグラフィー所見はいず
れも良性腫瘍の線維腺腫と酷似しており、診断は病理組織検査(切除または針生
検)に基づきます。30代の女性に好発しますが、必ずしも年齢は限定されてい
ません。葉状腫瘍は乳腺組織を構成する上皮細胞と間質細胞のうち間質細胞から
発生します。ちなみに上皮細胞が悪性化すれば乳癌であり、間質細胞が悪性化す
れば肉腫となります。このため葉状腫瘍は肉腫の系統に属します。(かつては葉
状肉腫と呼ばれていました) 葉状腫瘍は病理組織所見により悪性葉状腫瘍と良
性葉状腫瘍に分類されますが、その分類は必ずしもその後の経過を反映しません。

治療について外科手術が基本になります。乳癌と違って放射線、ホルモン療法は
無効であり、抗癌剤治療にも限られた効果しかありません。このため初回治療は
通常手術による腫瘍の完全切除が原則となります。全身麻酔で手術を行い5日前
後の入院が平均的な経過となります。術後の後遺症はほとんどありません。葉状
腫瘍全体でみると95%程度の人が治癒するため、治癒率が70%程度の乳癌と
比較するとかなりたちの良い病気といえます。

遠隔再発について葉状腫瘍をすべて含めると(良性、ボーダーライン、悪性)5
%以下の確率で肺などに遠隔再発(致命的になる)します。いわゆる悪性葉状腫
瘍と診断された場合は4分の1が遠隔再発します。一方良性葉状腫瘍もまれに遠隔
再発するため必ずしも良性とは言い切れません。このように葉状腫瘍は比較的た
ちの良い病気ですが、例外があるため必ずしも安心できないところがあります。
遠隔再発と診断されてからの平均生存期間は2年6ヶ月です。

局所再発について最終的に葉状腫瘍の約20%が局所再発します。初回治療から
局所再発までは平均2年程度と報告されています。またリンパ節に転移すること
はまれであるため、リンパ節を切除する手術は行いません。このため完全な局所
切除が初回治療の原則となります。(腫瘍が大きければ乳房全摘手術が必要とな
ることもあります。)局所再発は通常再手術により治療可能(治癒する可能性も
高い)ですが、局所再発が遠隔再発の引き金になる可能性も完全には否定できな
いため、初回手術での腫瘍の完全切除が重要と考えられています。

JR東京総合病院外科  川端英孝氏 HPより

/////////////////////////////////////////////////////////////

|

« お別れ | Main | 始まりました・・・ »

Comments

悲しいですね。
私の叔母も乳がんで50過ぎてすぐに亡くなりました。私が赤ちゃんの頃、母に代わって私を育ててくれた人です。
入院から半年もしないうちに亡くなり、あまりに突然だったので、私は高校生だったのですが、そのことを受け入れられなくて、叔母のお葬式の時でさえ、誰か別の人のお葬式のような気がしてなりませんでした。
そんな私に、叔父が教えてくれた叔母の遺言が「皆、笑って元気にしていてください。それが私への一番の供養です。」でした。
きっと亡くなったご友人も、叔母と同じ思いではなかったかと思います。
元気を出してくださいね。

Posted by: funa | 08/08/2004 at 00:29

funaさん、ありがとうございます。

残された言葉だけでも、
優しく立派な叔母様が偲ばれます。
あなたを見守っていらっしゃることでしょうね。

この友人には
いろいろな思いをして(させられて)
不完全燃焼のような、
置き火のようなものが
私の心の中にあるようなのです。

Posted by: yoshi | 08/08/2004 at 15:21

お友達のご冥福を心からお祈りします。私事で申し訳ありませんが(30代です)、お友達と同じ悪性葉状腫瘍で1年ほど前に手術をしました。初めは小さなシコリで良性だったのが、あっという間に大きくなり、悪性に変化していました。この病気は非常に稀で、なるほうが珍しいと医者にも言われました。癌にも色々な形があります。初めは良性でもいつ悪性になるかわかりません。放射線治療や抗がん剤も効かないものもあります。病院に行く事は怖いけれど、とても大事です。友達にも定期検査は絶対行くように薦めています。
転移した時は死ぬ時、と怖くなる事もありますが、辛い治療がないのでとても元気です。元気でポジティブが一番ですね。

Posted by: Yuki | 09/25/2004 at 10:49

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14050/1126414

Listed below are links to weblogs that reference お別れ Ⅱ:

« お別れ | Main | 始まりました・・・ »