« July 2004 | Main | September 2004 »

Posts from August 2004

どうなったんだろ~静かなんだけど・・・

台風が、苫小牧あたりに上陸したらしい・・・
さっきから、風が止まった・・・
一時、ちょっと明るくなった空は今またどんより暗くなりました。
空気はまだ生ぬるく湿っぽいです。
どうなっているのかな?
静かで、ちょっと気持ちが悪いです。

午前中、店(釣具店)にいらしたお客さんは
この天気に日高の歌別港まで鮭釣りに行ってきたそうです。
いくら、釣るのは港の中といっても無理はしないでいただきたいです。
どんなに大物でも、命と引き換えにするほどの魚はいませんから。

別のお客さんの話では、一昨日の白老海岸に前日から釣りに行っていたが
波もたかく、うねりも出てきて釣りにならずあきらめたところ・・・
更に荒れてきて、なんと砂浜に鮭がゴロゴロ(?)と打ち上げられてきたそうです。
その人は、なんと8匹も持って帰ってきてました。
(捕ってきた?拾ってきたというべきなのかな?)
ちょっとブナがかかってはいるものの、シーズンが始まったばかりですので
まずまずのいいものでした。

そういえば、10年くらい前、台風で大荒れになったときに
鮭が避難したのかどうかはわかりませんが
登別漁港の港内に大量の群れが入りこみ
ルアー釣りに行った夫は、お祭りのような大騒ぎの中で楽しんでなんと11匹も持って帰りました。
それでも、あんまり多くては大変だなと思って止めてきたのだと言ってましたけど、充分たいへんでした。
ほんと、釣る人は楽しいのですが、
鮭を一度に何匹も持ち帰られると家では大変なのです。
私の友人でも、切り身ならもらうけど丸ごとは困るという奥さんもいますので、
もらっていただくのも一苦労なのです(^^)

さて、本日2度目の出勤です。
これから閉店まで、夫と二人で勤務です。
店内には、コーヒーをのみながらおしゃべりをするコーナーがあるのですが
今日これからは、釣師たちのサケ釣りの話でさぞ賑やかなことでしょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

スポーツ漬けの、幸せで眠たい毎日

『アテネオリンピック』
楽しくて、楽しくて、毎晩深夜までTV観戦。
スポーツがうむ数々のドラマ・・・
完徹もしていまいました、一日だけだけど・・・
オリンピックでこんなに疲れたのはじめてです。
レジでお金とか間違わないようにと
仕事でもすご~く、緊張してますのでこれまた疲れて・・・
(老けたな、絶対・・・)

選手もどんどん帰国していて
もうすぐで終わりですねえ・・・
淋しい・・・


オリンピックのない年ならば、
もっともっといっぱい話題になってたはずの
『高校野球』
話題としてはちょっと遅れちゃいましたけど
北海道の学校が甲子園で優勝!
こんなことが起きるなんて・・・
まだ、信じられない気持ちです。
北海道では先日
NHKで特別番組も放送されてました。
近々、地元民放でもそのような番組が放送されるらしいし
彼らの甲子園はまだまだ続いているようですね。
3年生は引退で、新チーム作りもしなければならないでしょうけど
練習は再会できたかしら?

苫小牧は、叔母夫婦、従姉妹一家も住んでいますし、
二男が5年間も通学していた町ですから、
単に隣町という以上の親しみを感じています。
苫小牧の皆さん、出身の皆さん、本当によかったですね。
そういえば、TVのニュースでマルトマ食堂のご主人がうれしそうに話してました。
優勝記念でイクラ丼、ホッキ丼も半額ですって?
行きた~い、食べた~い (^^)

| | Comments (5) | TrackBack (1)

久々です。

先ほど、めずらしく次男から電話があり、どうしたのかと思ったら
ずーっと、私のblogの更新がないので
どうかしたのかと心配してくれたみたいでした。
何ともないのがわかって
『なーんだ・・・』なんて言ってましたけど、
母は嬉しかったです。

ほんと、久しぶりになってしまいました。
長女の結婚式用の手作りを始めたり
勤めている店のセール(明日から4日間)の準備やら・・・
気ぜわしい日々です。

その中でオリンピックはしっかり見ています。
それも、なるべくLIVEで見たいもので、
毎日だいたい午前二時半頃寝て
六時半頃に起きるという毎日を続けていましたら
さすがに疲れがたまってきました。

でも、また今夜も見ちゃいそうだなあ・・・
シンクロのデュエット・・・

| | Comments (2) | TrackBack (0)

始まりました・・・

いよいよ、アテネオリンピック観戦がスタートです。
まずは、女子サッカーの予選、対スウェーデン。

そして、寝不足の期間の始まり・・・でも、見ちゃうんですよね。
期待の種目も多く、楽しみがいっぱいです。

ただ・・・
テレビなどの感動の大安売りみたいな番組には辟易することもしばしばです。
涙や感動を先導したり盛り上げたりする仕掛けがこちらに見えすぎるとしらけるし、
かえって邪魔になるのではないかしら・・・。
もしかして・・・
『カンドーしたー!』なんて叫んだあの人が
へたに受けたりしちゃったから、感動が安くなった?
それと・・・
最近の中継アナウンサー・・・
あの、大騒ぎ、興奮、絶叫はなんとかして頂きたい。
いつから、アナウンサーがあんなに興奮しても良くなったのかしら?

日本が先制のゴールを決めました。
今夜の中継はNHKなので、
アナウンサーの絶叫ゴールが
何回連続しただの、一息で何秒叫んだ、などという
バカバカしいことはないと思いますので、
安心して見ていられます。
さ、マジメに応援しましょっと!(^^)


| | Comments (2) | TrackBack (0)

お別れ Ⅱ

aohana1.jpg

友人が人生半ばで逝ってしまった訳は、乳房のしこりから始まっていました。
一昨年の春に感じた小さな塊、昨年2月に切除したときには、
なんと、ソフトボール大で600gにもなっていたそうです。
なぜ、早く病院に行かなかったのか・・・
残された家族(ご主人・娘さん)はさぞ悔しい思いをされていることでしょう。

手術から一年後の今年2月、
再発した病魔は肺に転移し、治療法はないと医師から告げられていたそうです。
それから半年です・・・。

彼女の病は 『葉状腫瘍』
自分のためにも、愛する人のためにも
大人の女性は定期検診を受けなければいけませんね。
彼女のお陰で知ったこの病気を調べたところ
彼女の例は、数少ない最悪のケースだったようで・・・
不運としか言いようがありません。

/////////////////////////////////////////////

乳房の葉状腫瘍について

葉状腫瘍は楕円形のやわらかい腫瘍で、2~3ヶ月単位で比較的速く大きくなる
ことを特徴としています。触診所見、超音波所見、マンモグラフィー所見はいず
れも良性腫瘍の線維腺腫と酷似しており、診断は病理組織検査(切除または針生
検)に基づきます。30代の女性に好発しますが、必ずしも年齢は限定されてい
ません。葉状腫瘍は乳腺組織を構成する上皮細胞と間質細胞のうち間質細胞から
発生します。ちなみに上皮細胞が悪性化すれば乳癌であり、間質細胞が悪性化す
れば肉腫となります。このため葉状腫瘍は肉腫の系統に属します。(かつては葉
状肉腫と呼ばれていました) 葉状腫瘍は病理組織所見により悪性葉状腫瘍と良
性葉状腫瘍に分類されますが、その分類は必ずしもその後の経過を反映しません。

治療について外科手術が基本になります。乳癌と違って放射線、ホルモン療法は
無効であり、抗癌剤治療にも限られた効果しかありません。このため初回治療は
通常手術による腫瘍の完全切除が原則となります。全身麻酔で手術を行い5日前
後の入院が平均的な経過となります。術後の後遺症はほとんどありません。葉状
腫瘍全体でみると95%程度の人が治癒するため、治癒率が70%程度の乳癌と
比較するとかなりたちの良い病気といえます。

遠隔再発について葉状腫瘍をすべて含めると(良性、ボーダーライン、悪性)5
%以下の確率で肺などに遠隔再発(致命的になる)します。いわゆる悪性葉状腫
瘍と診断された場合は4分の1が遠隔再発します。一方良性葉状腫瘍もまれに遠隔
再発するため必ずしも良性とは言い切れません。このように葉状腫瘍は比較的た
ちの良い病気ですが、例外があるため必ずしも安心できないところがあります。
遠隔再発と診断されてからの平均生存期間は2年6ヶ月です。

局所再発について最終的に葉状腫瘍の約20%が局所再発します。初回治療から
局所再発までは平均2年程度と報告されています。またリンパ節に転移すること
はまれであるため、リンパ節を切除する手術は行いません。このため完全な局所
切除が初回治療の原則となります。(腫瘍が大きければ乳房全摘手術が必要とな
ることもあります。)局所再発は通常再手術により治療可能(治癒する可能性も
高い)ですが、局所再発が遠隔再発の引き金になる可能性も完全には否定できな
いため、初回手術での腫瘍の完全切除が重要と考えられています。

JR東京総合病院外科  川端英孝氏 HPより

/////////////////////////////////////////////////////////////

| | Comments (3) | TrackBack (0)

お別れ

_2.jpg
友人のお葬式に行ってきました。
地元の高校、会社の後輩です。
前の家に居た頃、彼女の嫁ぎ先が近くだったので、
10年くらいは、楽しくお付き合いをしてました。
お互いの環境の変化や、行き違いもあり、最近は疎遠にしてましたが
ときどき見かけ、(あ~、元気にやってるな)と思ってました。
その彼女が亡くなってしまいました。
今月の25日で51歳・・・早過ぎます。

ショックで昨夜はなかなか寝つけませんでした。
今日(4日)は、かけつけた友人達とお別れをしてきました。
そして、今夜も彼女との日々が浮かんできて
まだ、眠れそうにありません・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

夏終盤

sora2.jpg

今日も日差しはジリジリと、とても暑い1日でした。
でも、見上げた空は、雲の形も高さも数日前とは変わり、
秋の気配すら感じました。
今年初めてつながったトンボを見ました。

毎年、八月に入ると暑いながらも湿度が下がり
さわやかな乾いた風が吹きはじめます。
フローリングの床も隣の部屋のカーペットも
さらさらと気持ちが良いことに気がつきました。
今日は風が強く、窓から入った風が家の中の湿気を飛ばしてくれたようです。

さーて、天は高くなり馬ばかりでなく肥ゆる秋はもうすぐです。
枝豆、ジャガイモ、トウキビ、カボチャ・・・・(ジュルッ)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

母の思い叶う

wasou.jpg   SIROMUKU1.jpg 

2日(月)はの婚礼写真の前撮りでした。
今の結婚式のシステムは合理的というか・・・感心します。
私のときの婚礼写真(お色直し版)の、
赤い顔でトローンとした目の酔っぱらった新郎の姿。
前撮りだとそんな姿は残らないのですから。(^^)

ウェディングドレスに憧れて
チャペルウェディングを決めた娘.
せめて写真だけでも和装の姿が見たいと思っていた母へ
親孝行してくれた娘の晴姿です。
感謝・・・(ρ_;)


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2004 | Main | September 2004 »