« 主婦の毎日・母さんの仕事 | Main | 娘が泣く場所 »

忙しかった!楽しかった!一週間

むこうのお母さんがみえて
結婚式へのプロセスがまた一つ進みました。
今回は衣装の小物選びとサイズあわせでした。

実は、お婿さんのお母さんには
私がお誘いして来ていただいたのです。
お婿さんは一人っ子なので、親としても一回きりの経験ですから。
ぜひ、味わってもらいたかったのです。
そして、思った通り・・・(^^)
最初は遠慮がちだったけれど
だんだん、のってきて一緒に楽しく選びました。
娘と母二人、三人でのお出かけというのも良かったのかも、
この日お婿さんは風邪のため残念ながら予定変更となりました。

ホテルでのウェディングなのですが、
アットホームなあたたかい雰囲気にしたいという二人の希望もあり、
いろいろ、小物などを手作りにすることになりました。
ドレスを作るという私の野望は、
すばらしいドレスの数々を前にしたとたん、きれいさっぱり消えていました。
bizu.jpg
手作り<その1>彼の叔母様よりビーズでネックレス・ピアス&髪飾り
<その2>ブーケ(二つ)をお婿さんのお母さん。
<その3>私は...まず、ウェルカムボード、テーブルに置くメッセージカードのホルダー・花嫁のポーチ、いまのところはこのくらい、
おっといけない<その4>リングピローが花嫁の手作りでした。

娘よ、幸せだねー、感謝だねー

|

« 主婦の毎日・母さんの仕事 | Main | 娘が泣く場所 »

Comments

うわ~、素敵!このお写真のネックレスも手作りなのですか?
まさか、これは違いますよね?
あまりに精巧すぎる…でも、記事からするとひょっとして?

yoshiさん、相手のお母様にまで気配りされて、流石です!

幸せのお裾分けをいただいたようで、こちらも嬉しくなっちゃいました(*^_^*)aiさん、幸せ者~!

Posted by: ぶんぶん | 07/06/2004 at 19:57

ぶんぶんさん こんばんわ
そうなんです、すごいでしょう?
このネックレスは、千葉にお住まいの彼の叔母様(お母様のお姉様)の作品なんです。
淡水パールのビーズで、ドレスの雰囲気にもぴったりで、本当にすてきでした。

彼のお母様は私と同じ年。
育った頃も、結婚した頃も今とは大違いの時代です。
だから、絶対一緒に楽しんでくれるだろうと思ったんです。
子供たちが私達のおしゃべりに入ってくるのが大変なくらい(^^)
姑同士は仲良しになりました。

Posted by: yoshi | 07/06/2004 at 23:31

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14050/909233

Listed below are links to weblogs that reference 忙しかった!楽しかった!一週間:

« 主婦の毎日・母さんの仕事 | Main | 娘が泣く場所 »