« 創作意欲 | Main | 忙しかった!楽しかった!一週間 »

主婦の毎日・母さんの仕事

元気なお母さんのぶんぶんさん
黄昏時にふとつぶやいているのを読んで
自分を思い出して共感してましたが
何かを言いたいと思いつつ、日が経ってしまいました。
よくそういうことがあるんです。
書きたい、言いたいと思いながらそのままになってしまって日が過ぎてしまうのです。

てことで、あらためまして
ぶんぶんさん、お気持ちものすご~くわかります(^^)

それが、幸せなのだということも・・・
贅沢だと言われるかもしれないことも・・・
ぜんぶ、ちゃーんとわかってるんですよね。
でも、ふと言ってみたくなるんですよね。
当たり前のようにしている家族へ・・・
できていれば当たり前のように過ぎているのに、
できていないときの反応だけはまちがいなく返ってくる・・・
そんな毎日の中でふと思っちゃうんですよね
ぜ~んぶ、わかってはいても、ふとよぎるむなしさ・・・
そして、そんな気持ちをさっと打ち消して、
母さんは毎日がんばっているのです・・・。

私がそんな日々のことを振り返って
がんばってて良かったと実感したのは、かなり後になってからででした。
大学生になって一人暮らしを始めた息子が
何年かたった頃
(母さんってすごいって思ったよ)
(俺なんか自分一人のことでもやっとなのに、家族みんなのことなんだから・・・)
(当たり前だと思ってたことが母さんがやっててくれたんだって思った・・・)
(一人暮らしをすると、母さんはこんなにいろいろなことをやってたんだって思った)
はっきりとした言葉は忘れましたが、
自宅に帰った時にこのようなことを話したのです。
そして、まだ実家生活だった姉や弟に、
(一人暮らしってさ、自分が使ったコップが自分が片付けないかぎり、
 いつまででも、ずーっとそこにあるんだよね・・・。)
(家を出たらいろいろありがたさがわかったよ。)
(風邪ひいたときなんかすごくつらかった・・・。)
(一人暮らししたら、自分がどれだけ甘えてたかわかると思うよ・・・)
なんてことを、先輩として語ってました。

そんな言葉を聴いた私の様子は・・・お察しのとおりです・・・。(^^)
(がんばってて良かったー)としみじみ思いました。

私は幸運にもこういう言葉を聴くことができましたが
運悪くまだそうでないお母さん!私は言いたいです。
きっとあなたの子供さんも同じことを考えていますよ、
まちがいないです。

ついでに、お父さんにも言いたいです。
子供たちが当たり前のようにしてるなら、
たまーに、お父さんが
『いつも、自分や子供たちのために大変だね、ありがとう』
なんて言ってほしいなー、そして子供たちには
『お母さん、疲れてるときも頑張ってくれてるんだぞ、
当たり前だと思ってたらだめだぞ・・・』
なんて言ってくれたら、うれしいなー。
 
もし、そんなときの家族の反応が
『どうしたの?』
『熱あるんじゃない?』
『なんか悪いことしたの?』と冷たい一言だったり、
はたまた、痛くもない腹を探られたりしたときには
日頃のご自分を省みられたほうがよろしいかと・・・(^^;)

昔のことです。
だんだん家の中で態度が大きくなり、
人使い(母使い)のあらくなった息子達に
我夫は、突然こんなことを言ったことがあります。

『おい、お前達!あんまりママを使うな!
 俺が見つけた嫁さんなんだからな!
 そんなに面倒見てもらいたかったら、
 お前達も自分の嫁さん見つけて、面倒見てもらえばいいべや!』
『・・・』
『・・・』
 


|

« 創作意欲 | Main | 忙しかった!楽しかった!一週間 »

Comments

yoshiさん、TBありがとうございます。

そして、ちょっとうるっときてしまいました。
yoshiさんの記事は私が上手く言いあらわせなかったことを代弁していただいたかのようです。
そのとおりなんです。
見返りを望んでいるわけではないのに、ふっと虚しさを感じる時があるのです。

将来、娘達がyoshiさんのお子さん達のように感謝の言葉を言ってくれたら…もう想像するだけで泣けちゃいます。


>我夫は、突然こんなことを言ったことがあります。
『おい、お前達!あんまりママを使うな!
 俺が見つけた嫁さんなんだからな!
 そんなに面倒見てもらいたかったら、
 お前達も自分の嫁さん見つけて、面倒見てもらえばいいべや!』

旦那様、素敵!うちの夫もこういうこと言ってくれないかなぁ。
ん?でもうちの場合、娘だから、「婿さん見つけて面倒みてもらえ」になるのかな?
うちの婿さんになる人、大変だ…

Posted by: ぶんぶん | 06/30/2004 at 20:26

こんばんは。
以前から思ってたことですが、本当にtsutomさん、yoshiさんご夫婦って、理想的ないいご夫婦ですね。
それを見てらっしゃる子供さん方も、きっといい家庭をつくられるのだろうな・・と思うのです。

でもそれはyoshiさんが「主婦の毎日・母さんの仕事」をずっと頑張られたからなのですよね(^^

Posted by: ryou | 06/30/2004 at 23:49

yoshiさん。お久しぶりですm(_ _)m
最近は精神状態が良いことと、
自分のblogがエグくなったので
再始動したばかりのしんいちろうです(笑)

男の私から見てても主婦の立場ってyoshiさんの
言われ通りだなぁって思います。
私も母親に何から何まで面倒みてもらって
面倒かけてましたから。。。
今は完全に独立してなんとかやっているので
面倒よりも心配をかけてるかと思います。

あんまり上手く言えませんが『灯台下暗し』?
みたいな物で一緒に生活していると当たり前のように
思えて何も意識しなくなるんですよね(>_<)

ちょっとセンチな気持ちになった時は友人の家にでも
遊びに行って家族をちょっぴり放置してみるのは…?
きっとありがたみを気づいてくれると思いますよ(^^)b

というかyoshiさんのblogネットワークすごいですね(驚)

Posted by: しんいちろう | 07/01/2004 at 01:27

うわー、私もホロリとしちゃった。
妻・母としての立場でなく、娘としての立場から。
本当に、結婚してから余計に、母の有り難味というか、すごさというか、しみじみ感じてます。
日本の男性は一人暮らしの経験もないまま結婚してしまう人も結構いるので、ずっとわからないままの人もいるんだろうなぁ。
その点、yoshiさんの旦那様のような素敵な言葉で息子さんを牽制(?)してくれる夫がいてくれると大分違うのかもしれませんね(^-^)
あぁ、でもそれも「嫁さん=母親代わり」って誤解しかねない輩もいるか...(^^;

Posted by: くわとろ | 07/02/2004 at 21:38

遅くなりましたが、皆様コメントありがとうございます。

ぶんぶんさん、
娘さん達も、ちゃんと解ってますって大丈夫ダイジョーブ。
ぶんぶんさんの娘さんですもの(^^)

ryouさん
私がしてきたことは、あなたが今していることとおんなじですよ。(^^)
いえ、あなたのほうが頑張っているかも・・・

しんいちろうさん
幸せそうなblog見ましたよ。コノッ!(^^)
同じ景色でも自分の心ひとつでいろいろに見えるものですよね。
自分がマイナスモードになってるときって、
更にそういうものを引きつけてしまうような気がします。

親の心配は
『見える心配・見えぬ心配』と言います。
子供がそばにいても、遠くにいても
親は心配してるのですよ。
実家から何も言ってこないことも
親心のひとつということもありますよ。
たまには、お母さんに声を聞かせてますか?

くわとろさん
引越しも近づいているようですね
お体に気をつけてください。
出産されるとお母さんとますます近づいた気がすると思います。

皆さんにはうちの夫がうけたようで・・・
でも、理想とか言われると超恥ずかしいんですけどぉ~
ふつうのオヤジとオバチャンなんですけどぉ~(^^)
二人で戦ってきた日々があるから
(悲しいかな、まだ戦いは終わってはいないんですけど・・・)
ま、とにかく
今では、お互い、かけがえのない大事な相棒です!

Posted by: yoshi | 07/06/2004 at 02:03

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14050/874159

Listed below are links to weblogs that reference 主婦の毎日・母さんの仕事:

« 創作意欲 | Main | 忙しかった!楽しかった!一週間 »