« 言いまつがいは楽しい | トップページ | めでたい »

2004/05/20

山吹色

惑さんの、わくわく日記の山吹の花の写真を見て、山吹色はこの花からつけられた色なのだなと思いました。
この山吹色というのは、日本の伝統的な色の名前だったようです。
そこで、調べたらそういうHPがありました。
山吹色もちゃんとありました。

それにしても、なんと微妙な数々の色彩、
そして季節までも感じる文学的な色の名・・・・
日本人の感覚ってほんとにすばらしいと再認識しました。
しぶい色の着物が欲しい・・・

|

« 言いまつがいは楽しい | トップページ | めでたい »

コメント

XX茶 と XX鼠 は 贅沢が禁止され、華美なものが禁止された江戸時代に 茶と鼠は構わない と 言われたのを逆手にとって、なんとかお洒落したいと工夫して作り出した色だと聞いたことがあります。四十八茶百鼠とかいうらしいです。着物を日常的に着る文化はもう少し頑張ってあってもいいのになぁとも思いますが、返って来る言葉が見え見えなので家族には言えません(笑)。

投稿: | 2004/05/21 00:24

惑さん、どうもありがとうございます
そうだったんですか・・・すごい!
だから、××鼠が多かったんですね・・
私はネズミが大嫌いなので
昔の人はネズミが好きだったのか
それとも、ネズミがいっぱい繁殖してたのか・・
などと思ってました。 (^^)

投稿: yoshi | 2004/05/21 15:20

確かに江戸時代まで遡らなくても昔ねずみって居ましたよね。ネズミ捕りに捕まっていて水責めで殺したなんて経験今の子供にはないでしょうね。猫がねずみ咥えていたりね(笑)。

投稿: | 2004/05/22 00:55

中学1年のとき、夜中に一人で勉強中、何か見られてる感じがして、見てみたら、こちらをジーっと見ているネズミと目が合ったことがあります。
恐くて動けなくなりました(私がです)

昔は天井裏でネズミの音がしなくなったら、その家は天災にあうか、火事になる・・と言われてたくらい共存してたんですよね。
トムとジェリーも、もういないでしょうね。

投稿: yoshi | 2004/05/22 23:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山吹色:

« 言いまつがいは楽しい | トップページ | めでたい »