« いい男 Ⅱ | Main | 待ちきれなかった春 »

純愛ブームなんだってね

昨日の惑さんの日記を読んで、忘れていた、昔好きだった詞(ことば)に再会した。
それから、なんだか私の頭の中からずーっと消えない・・・・
昔の音楽を聴いたとたん、その頃の自分にタイムスリップするような感じなのかな・・・

惑さんも説明されているように
東芝日曜劇場のシリーズになっていたドラマ「天国のとうちゃんこんにちわ」

貧しいから
  あなたにあげられるものといったら、
  柔らかな五月の風と、
  精一杯愛する心だけです。
  でも、結婚してくれますか

こんなプロポーズをしてくれた父ちゃんは亡くなってしまい、母ちゃんは二人の子供を育てるために、下着の行商をしながら元気にがんばっている。
母ちゃんのささえであり、宝、元気のもとはこのプロポーズのことば
これも純愛じゃないかと思うんだけど・・・
『・・・ぬしと、苦労がしてみたい・・』とか『・・・手鍋下げても・・・』の世界だね
こんなのはもう古典なのかなあ・・

イケメン俳優とやらも、若くて細い女優も出てこないけれど
これもひとつのく純愛ドラマじゃないかな。
今、ブームの純愛のひとつでは?・・・かあちゃんのピュアな愛。
でも今、どれほどの人が、この貧しくても幸せなかあちゃんに共感できるのかな・・・

出てくる人たちも皆、同じように貧しいが幸せな暖かい人々。
『渡る世間に鬼はなし』の時代。
こんなドラマ、いつごろからなくなったのだろう・・・・
出てくる家族が驚くほど好き勝手に自分のことばっかり言いたい放題の鬼ばかりのほうはどうも苦手だなあ・・・好きな人も多いようだけど・・・あのドラマ。
寅さんじゃないけれど『・・・それを言っちゃあ、おしまいだよ』って言いたくなる。

寅さんと言えば・・・
『・・・・手鍋さげてもわしゃいとやせぬ、信州信濃の新そばよりもわたしゃあなたのそばがいい、あなた百までわたしゃ九十九まで共に白髪のはえるまで…』なんてセリフもあったね。

|

« いい男 Ⅱ | Main | 待ちきれなかった春 »

Comments

はじめまして!
突然ですが、トラックバックさせていただきました。
11月22日のブログが途中までだったので完成させようと
していましたらこちらの記事に出会いました。
「天国のおとうちゃんこんにちわ」は家族みんなで毎週楽しみに
見ていたテレビ番組のひとつです。
小さかったのでその背景などは覚えていなかったのですが、
こちらのブログを読ませていただき「そうだった」と思い出させて
くれました。ありがとうございました。

Posted by: nonbiribiribi | 12/05/2005 at 14:06

nonbiribiribiさん
はじめまして、
TBありがとうございます
私も、おじゃましますね

Posted by: yoshi | 12/05/2005 at 14:19

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14050/598899

Listed below are links to weblogs that reference 純愛ブームなんだってね:

» ケーブルテレビ [のんびりやってます]
今日、郵便でケーブルテレビの12月の番組表が届きました。 見ると、来月からTBSチャンネルが見られる[:拍手:] そして、新しく開設されるトゥーン・ディズニーも(^^)(^^) 見たい番組がないとき、ディズニーチャンネルはよくつけてます。 なにげに流れていても違和感がないというか、疲れないというか[:嬉しい:]・・・ また、深夜の映画も時々みています。 「ショート・サーキット」とか「ネバーエンディング・ストーリー」とか もちろん、ディズニー映画もやってます。 そのおかげで睡眠不足にな... [Read More]

Tracked on 12/05/2005 at 13:41

« いい男 Ⅱ | Main | 待ちきれなかった春 »