« 泣く男 | Main | 娘のゴールデンウィークは »

みどりの日

昭和の人間には、4月29日はまだ天皇誕生日のほうがピンとくる。

この日は、私の母の誕生日だった。
亡くなって4年の母なのに、命日より誕生日の方を思い出してしまう。

昭和天皇の誕生日と同じというのは、ちょっと自慢のようでもあった。
結婚して10年間、子供ができずに神仏に願掛けをして生まれた(?)のが私の母だった。
母の実家はその頃、弟子兼使用人が数人いて、母はいちおうお嬢様だったのだ。
青春時代は戦争があったものの、そのような境遇で回りの愛や賞賛を受け、
なんの障害も挫折もなく成長した母。
環境は人をつくるものなのだと、母という人を考えるとしみじみ思う。

いろいろと強烈な母だった。
私の母に対する感情は、今になっても、なかなか昇華できない・・
ときに湧きだす母への感情は、自分のことながら驚くこともある・・・

|

« 泣く男 | Main | 娘のゴールデンウィークは »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14050/513028

Listed below are links to weblogs that reference みどりの日:

« 泣く男 | Main | 娘のゴールデンウィークは »