« ミシンは友達 | Main | 今朝の花壇 »

気になっていた親達・・・

たなぼた 「子を守るのは、一に親なのでは」 のトラックバックです。

その1
六本木ヒルズの事故の件、世間やマスコミが親を表立って批判しないのは、
「本人達が一番自分のことを責めていて、さぞかし辛いことだろう」という世間やマスコミの配慮があってだろう・・・・と思いたい。
私が親になったばかりの頃、さらに上の親達から 「子供の怪我や事故はそこに親がいなくても親の責任、子供を本当に守るのは親以外いないんだよ」と厳しく教えられたものです。その責任と覚悟をいつも考え、子育てをしてきたつもりです。ワイドショーなどの報道で誰も親を責めないのは、自分を責めて苦しんでいるだろうという常識の思いやりと、森ビルや三和シャッターを追求するのがマスコミの立場・責任みたいなところがあるからなのだろう。が、しかし、、弔問に来た森ビルや三和シャッターの社長達を中にもいれず追い返すと言うのはどうか、私もやりすぎだと思った。
我夫もTVを見ながら『この人達が、殺そうとして子供が死んだ訳じゃあるまいに・・』と首をかしげてました。

それにつけても、あの電動回転ドアというものは、本当に電動の必要があるのだろうか、私は田舎者ゆえ、まだ一度しか経験がないのだけれど、怖かった・・・はっきり言って嫌だった。

その2 
娘さんが無事保護されたあとの、磐田市長の会見
「・・・私が市長でなかったら、こんなに大きく報道されたり、騒がれすぎることもなかったのに、親としては娘が不憫です・・・」あきれてしまった。「市長の娘さんが大変だ!」ということで、一生懸命探してくれたり心配してくれた市民や警察の方達に親として感謝と侘びの言葉はないのか?それを一番に表すべきだろうと思い、がっかりしました。
こんなこと言いたかないけど、警察だって一般市民の娘より力入れてたんじゃないかと思うんだけどね・・・

|

« ミシンは友達 | Main | 今朝の花壇 »

Comments

感謝の言葉と謝罪の言葉はどんなときでもきちんとしなければいけないと思います。
六本木ヒルズの件は、亡くなった方がいて、謝ってすむ問題ではありませんが、ビルや関係者の方はもちろんのこと、それこそ、そのお母さんも子供に謝らなければいけないことだったかも知れませんね。

Posted by: 7thHeaven | 04/02/2004 at 21:22

7thHeavenさん、そのとおりですね、原因究明という、責任のなすりあいや言い訳ばかりじゃ大人として、亡くなった子供に恥ずかしく申し訳ないですね。

Posted by: yoshi | 04/02/2004 at 21:48

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14050/384791

Listed below are links to weblogs that reference 気になっていた親達・・・:

» 子を守るのは、一に親なのでは [たなぼた]
六本木ヒルズ森タワーでの自動回転ドアの死亡事故は、その後会社の上層部がこれまでの [Read More]

Tracked on 04/02/2004 at 12:24

« ミシンは友達 | Main | 今朝の花壇 »