« 好きな映画その2 | Main | 寒い毎日です »

今年は余裕です

hina.jpg
我が家のお雛様、小さめの7段飾り。亡くなった実家の母が初孫のうちの長女に買ってくれたものです。私は自分のお雛様がありませんでした(まわりの友人もほとんどそうでした。そんな時代でした)ですから私にとっても憧れの段飾りでした。娘が幼い頃、夫は「早く嫁にいったら寂しいから、すぐにしまわなくていいよ・・」なんて言ってましたっけ。いつからか、そんなこと言わなくなってさっさと片付けて・・・。そして今年、娘は婚約中ですからもう何時しまおうといいかな、余裕です(^^)。ところでこのお雛様、娘の婚約者に「一緒にお嫁に行かせるからもらってね」といったら、「エッ!」っと言って困った顔をしていた。そうだよねー、転勤族だし、段飾りなんてじゃまだよねー。やっぱりウチであずからないとならないのかな~?
takasago.jpg
もうひとつのあずかり雛、これは私の実家の母(昭和2年生まれ)のもので『高砂の翁とおうな』。70年以上たってますのでかなりいたんでいるのですが、『段飾りと一緒に飾ってやって』とあずかったものなのです。持ち主はもういなくなっちゃったけど、飾っているのです。この先はどうしたらいいのかな・・・

|

« 好きな映画その2 | Main | 寒い毎日です »

Comments

ステキな七段飾り!小さい頃憧れだったんです。幼馴染の姉妹の家は立派な七段飾りなのに、私は男1女1の兄妹なので、雛人形はお内裏様とお雛様の2人しかいなくて。しかし五月人形は立派なのがあったなぁ…。

Posted by: com | 03/05/2004 at 01:48

yoshiさん、おはようございます。
七段飾りも立派ですが、私は「高砂の翁とおうな」に、とっても魅かれました。他で見かけた事ないです。夫婦末永く仲良くという感じがして、いいですね。
ぜひ、毎年飾ってください!

Posted by: ぶんぶん | 03/05/2004 at 07:00

七段なんて憧れだなあー。
私も主役二名しかいなかった。w
今年皆さんのBlogを見ていて、
実家のお雛様を引取ろうかなーって思いました。
母(まだ生きてるけど)のお雛様は、櫟の一刀彫りの7段。
すごく小さくて両手に乗る七段です。
これもなかなかステキだなあって思って、
両方、飾ってあげたいなあって思いました。

Posted by: 黒陣馬 | 03/05/2004 at 22:23

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14050/261349

Listed below are links to weblogs that reference 今年は余裕です:

« 好きな映画その2 | Main | 寒い毎日です »