« January 2004 | Main | March 2004 »

Posts from February 2004

今日のトップニュース

松本被告の判決はやはり死刑でしたね・・今の日本で一番重い刑が死刑なのだから当然なのだけれど、本人があのような状態のままもし死刑になったら、まだ教団にいる人達が殉教とうけとり、彼を神格化したりはしないでしょうかね。あのとき保護された子供達の中には社会に順応できず教団に戻っていった子達もいるというし・・・やりきれない気持ちになります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

あれれえー?そんなあ・・

昨夜、10時過ぎのこと。新記事を書いて下書きの状態で保存しようとしたら・・・あれれ失敗した。そ、そんなぁ・・これって私の側の問題ではないような・・・。ちょっとたって別の記事はちゃんと公開できたけど・・・もう初心者を驚かせないでよ(って誰に言ったらいいの?) 一所懸命書いてた私の1時間半は、その記事と共にどっかに消えちゃった訳ですね・・・(ρ_;)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

tsutomツーリスト(^^)Ⅱ

【tsutom】
え~、ウィンタースポーツ愛好家の皆さん、北海道はいいですよ!飛行機付き(?)パック旅行を利用できる皆さんはとても恵まれているのです。なんとか率の良い割引券を手に入れようと苦心している地元の我々が不思議なくらいの格安料金設定で来られる皆さんは・・・ラッキーです、ホント。

ちなみに私は先月、友人と二人でルスツに行き、1日券を購入し、一番高い山(Mt.Isola)の頂上から23回滑ってきました。55歳の私と56歳の友人のこの暴挙に、ウチノは『どうかしてる・・おかしいよ』と言ってました。

【yoshi】
二人のオジサンは、ちょっとばかり体力とスキーに自信があるうえに、お互いに相手を意識したりして『疲れたから、帰ろう』とは自分からは言い出せず、こんな記録を達成してしまったと推測致します。ちょっと微妙で複雑な年頃なのね~(^^)。(ケガしないでよっ!まったく)
comさん、楽しみですね、泊まられるホテル甘露の森はこちらのTVで紹介していたのを見てました、すてきなところですよね私も行きたいです。夫とになるか、はたまたおばちゃんグループになるか・・な?
お天気いいといいですね、楽しいツアーとなるよう祈ってます。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

tsutomツーリスト(^^)

ニセコはサイコーです。こちらに住んでいてもシーズンに1度は必ず行きたいところです。
ニセコアンヌプリ東山ひらふも実はひとつのアンヌプリというの山の斜面に作られているスキー場なんです。この山は冬以外も登山の山として親しまれています。なぜいくつもスキー場があるのかというとそれぞれに経営する会社が違うのです。どこも良いのですが、山の地図でごらんのように斜面の方角がちょっとちがいます。いちばん古くからあるのはひらふで、コースの種類や数の多さは一番です。ひらふの斜面は他より比較的暖かいような気がします。もしも天候が悪い場合でもひらふならどこかのコースは必ず滑ることができます。ゲレンデの中にボード専用の区切られたコースもあって、そこではジャンプなどで楽しんでました。ひらふはアルペン高原・花園と2社の運営になってます。ひらふの共通券というのもありますし、全山共通のニセコフリーパスポートというのもあります。予約されるとき確かめられたほうが良いと思います。。宿泊施設も豊富です。昨シーズン私達が泊まったホテルはリフト乗り場のすぐ横でしたのでとても便利でした。他にもペンションなども多くありますし、山の中腹には天然温泉の山田温泉という温泉もあります。

晴れてたら、山頂まで登ることをオススメします。最後のリフトを降りてからさらに上へ歩くこと約30分(僕はスキーを担いで登りました)休憩小屋のある山頂に着きます。そこは360度の大パノラマです。少しハードですが、そんな辛さは吹っ飛びます。最高です!是非挑戦してみて下さい。悪天候の場合は遭難しますのであきらめて下さい。

| | Comments (9) | TrackBack (0)

天からのプレゼント

湿った雪が冬の木々に花を咲かせました。
yukigesiki_1.jpg yukigesiki_2.jpg
 yukigesiki_4.jpg yukigesiki_3.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

やっと登場しました

comさんはじめまして、おしゃべりおばさんの夫やってます。3月の北海道スノボツアーいいですね。ご存知のとおり雪がいっぱい降りましたから3月でも大丈夫だと思いますが、やっぱりできるなら上旬がいいかなあ、雪質が悪くなりベタついてきますからね、滑りずらく怪我もしやすくなります。俺達はクサレ雪といってます。あっ雪は腐るわけじゃないですけどね(^^)。そのころオススメのスキー場はまずニセコひらふなんといってもいろいろな斜面があり楽しめる。景色は羊蹄山などが見えて絶景です。施設もいいです。昔はたしか東洋のサンモリッツとか言ってましたよ。
もうひとつは札幌国際スキー場、ここは札幌の奥座敷と言われる定山渓温泉の更に奥、札幌近郊ではオープンも早く長い期間楽しめるところです。比較的気温が低いので3月でも良い雪質です。真冬にはちょっと寒い時もあります。昨年、うちのヤツと2月に行ったときはマイナス14度の吹雪で、さすがにまいりましたが、それでも回数券分(11回)滑ってきました。根性あるのか物好きなのか・・・(^^)
ここのスキー場は、札幌や小樽の観光とあわせるなら便利な場所です。
地元の私達がマイカーで泊りがけで行くよりも、飛行機でやってくるほう安いというパックもあるらしいですよ。私達はちょっと納得いかないですけどね(^^)
何かご質問はご遠慮なくどうぞ。tsutomでした。(口述筆記はyoshiでした)

| | Comments (1) | TrackBack (0)

あらまあ、皆様

皆さんの暖かいコメントの数々うれしいですねー(ρ_;)
なんか、ほんとココログ長屋のご近所さんて感じですね。
さっき、地響きと共に大きな音が・・そうです一日待った除雪車(ブルトーザー)がやっとやってきたのです。外へ出ると町内の人達がそれぞれ家の前に出ててお互いに挨拶したり雪かきしたりとなんだか賑やかな雰囲気になってました。
我が家の前はT字の突き当たりのような場所になり、押していった雪が前に垣根のように取り残されることが多いので見に出たのですが案の定膝より高い雪の塀ができてました。押し付けられた雪は重いのなんのって大変なんです。そこで二人で雪かきを持ったままブルの運転手さんを見上げてましたら、なんと深く大きく雪を押して持っていっていってくれたんです(ラッキー)我が家の前の雪はきれいになりました。助かったねーと喜んでいたら、隣のご主人がどうしたのと訪ねてきたので、その事をおしえました。そのあと息子さんと奥さんと3人で運転手さんをじーっと見てきれいに持っていってもらったと、今報告にきました(笑)
除雪作業の方達も大変です。今日は何時仕事が終わるのやら、ほんとにお疲れ様です.感謝です(^^)
またチラチラ降ってます、明日は夫が釣り問屋の展示会で札幌行きです。早朝駅まで送って行きますので積ってなきゃいいなあと思います。
JRは今日はもうめちゃめちゃなんです。札幌へ通勤の長女はJRがまったくめどがたたないので帰られず、地下鉄の終点まで彼が迎えに行くとか・・申し訳ない・・ありがたいことです。

黒陣馬さんのお話、そのとおりですねぇ、経験された方たちの為になるお話はもっと皆に知らされるべきですよね
 ( ̄へ ̄)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

なんなんだ

hubuki.jpg

暖かくてヘンだと思っていたら、さらにすさまじい天候になっちゃった。
昨日は、雨とべチャベチャ雪で一日ひどい天気だった。
ところが夜中のうちに気温が下がり、強風となり、目が覚めると南極のブリザード状態。
今日はは休みでスキーにでも・・なんて考えていたけど・・・死ぬね。
すっぱりあきらめました。あたりまえだと夫にも言われた。
写真は夫が店へ除雪のヘルプで出て行くとき、なんとハンドルとられ、バンパーを門柱にこすっちゃた(あーららぁ)このあともタイヤ空回りしてた大変だった、4WDだというのに。
隣町では、停電にもなってるらしい。昨日の湿った雪が電線に付き凍り強風で切れちゃったのかな?友人がどうしてるか心配で電話したら寒くて布団の中にいると言っていた。電気がないってことはストーブがつかないんだ・・・薪や石炭ストーブの昔とは違う、冬に大きな地震にでもなったら・・・あらためて考えてしまった。

昨日、出掛けた札幌は湿った雪が木々に付き、きれいだったので。車の中からこんな写真を撮っていた。(札幌の植物園の木々)ノーテンキに浮かれてて今朝はちょっと後ろめたい感じです。
yuki.jpg

| | Comments (5) | TrackBack (0)

この暖かさは・・・ヘンだ

今日、明日と雨模様、来週の休日は月曜で夫とスキーに行く予定でした。
けれどこの調子だとゲレンデコンディションは期待できない・・・・
(愛しのパウダースノーよ・・・)
やっぱり、温暖化なのか?冬の気候が長続きしません。
日本列島は南下してるんじゃないのか(?)と疑っちゃいます。
以前は3月までスキーをいつでも楽しめたのに・・・。
今では冬に雨が降ることも余り珍しくなくなったようだ。
思い返せば、30年くらい前なら、マイナス15℃の冬の朝は珍しくなかった。
鼻の中で鼻毛が凍りつくような空気がちょっと懐かしい。
25年くらい前、2年程帯広に住んだことがある、あそこは凄かった。
夏は30度冬はマイナス30度、60度の温度差にはビックリです。さらに、マイナス30度以下が1週間も続いたのには、生粋(?)道産子の私でもさすがに驚き根をあげちゃいました(^^)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今夜のおつまみ

takozanngi.jpg

【タコザンギ】 北海道だけなのかな?唐揚げのことをザンギといいます。缶ビールは北海道限定の発泡酒。新製品冷醸生です。なかなかおいしいです。日本ハムファイターズの小笠原がTVCMやってます。小笠原を見ると、お札にのってた聖徳太子を思い出しちゃう私。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

季節限定 『排雪山』

haisetuzann.jpg

えー・・・ダジャレです。大雪山→排雪山(ハイセツザン)・・・ m(_ _)m
雪国の方はご存知でしょうが、こちらでは、除雪と合わせて排雪という作業があります。除雪された雪が道の脇に高く積み上げられると、道幅も狭くなり、また高くなった雪山の影から出てくる人や車も認識しずらくて危険なので、ダンプカーに積み上げ運び去るのです。昔は川などに雪を捨ててましたが川の汚染防止のため、今では市内に何箇所か雪捨て場が設けられています。ただの空き地ですけどね。そのような雪捨て場がこれです。今年は雪が多いのでいつも以上に高い山になりました。この山は毎年5月いっぱいくらいまでかかって融けてゆきます。昨日はまた10センチ以上、雪がつもりました。予想以上の積雪の為、市の排雪の予算がもう残っていないのか、狭い道が多くなってきました。運転に気をつかう毎日です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

お天道様も許さないで

7thHeavenさんがネタと出会えない間に、私しがご本家に代わって・・・
先日の午後、札幌へ行く電車の中でのこと、私のすぐ横で二人の若者が大きな声で話をはじめました。
聞こうとしなくとも聞こえてくるその話は、二人共大学生で一人が前日の飲み会の顛末をうれしそうに自慢してるのです。その内容たるや、聞いてる私の方が耳まで赤くなるようなもので( >_<)よほどうれしかったとみえてハイテンション。大声で話す若い男もその話に登場する若い女達にもだんだん腹がたってきました。おまけに二日酔いで休んだそうな、こんな息子に学費出してる親達は、きっと、おかずや晩酌減らしてがんばってんだ。ちゃんと学問しろよ!ヽ(`⌒´)ノ 
一番近くにいるご婦人は顔を伏せたままでした。電車は空港からの快速で北海道へいらしたばかりの方達も多くいらしたと思います。情けないバカ者達が、その方達の北海道の印象に残らないことを願いました。
お天道様、ゼッタイ許しちゃダメだからね!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

納得 (゚-゚)(。_。)(゚-゚)(。_。)

乾きたくないcomさんへ、オススメしたいものがあります。もうご存知とは思いますが話題の『超立体マスク』です。近くのスーパーでも売り切れていることが多く気になっていたのですが、最近ちょっと風邪ぎみだったので買いました。使ってみて人気を納得しました。私が気に入ったポイント→①不織布なので軽い ②肌触りが良い ③立体構造なので鼻をふさがれているような息苦しさがなく、口紅もつかない ④耳にかかるのもゴムではなく不織布で適当な長さに調節できてジャストフィット、耳が痛くない ⑤使い捨てタイプ ⑥顔にあとがつかない。 などです。とくに⑥はうれしかったです。復元力が低下した私の肌にいつまでも残りつづけるゴム跡の悩み解消(^^)v。値段は7枚入りで私は298円で購入しました。1枚あたりにすると高くはないと思いました。サイズは2種類、タイプは花粉用とかぜ用がありました。かぜ用のほうが厚手だそうです。風邪の予防効果とひいてしまったときにも良いそうです。風邪気味のときって口呼吸になりがちですが、これだったら寝ているときもはずしにくいのではないかと思いますが、いかがでしょう?。そうそう、難点といえば・・かけた顔はちょっと迫力あり、よく言って「白い巨塔」、悪くいえば暴走族ってとこかな(^^)

| | Comments (1) | TrackBack (1)

コワッ!

夜中一人で起きてて、TVから大塚美容整形外科のCMが流れるとちょっと怖い。
あのCGの大塚娘は、あれでいいのか?
こわいもの見たさでHPにいってみたら、いきなりあの大塚娘がスキップしてでてきた。
あ~びっくりした!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

3人暮らし復活

ai.jpg

今月末から11月13日の結婚式の日まで、長女が戻ってきてまた一緒に暮らすことになりました。『花嫁修業します』とか『なるべく二人の力で結婚したいので貯金を増やしたいんだけど一人暮らしだとむずかしいのでお願いします』とか殊勝なことを言っています。いいですとも、しっかり修行してもらいましょかね(^‐^)
娘が戻ってくるのはやはり楽しみです。なんといっても私の一番のおしゃべり相手ですから。夫は『また、我が家がうるさくなるな』と、うるさそうに楽しそうに言ってます。
夫と私、ふたりだけの娘でいるのも期限付きです。大切に過ごしたいものです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Happy Birthday 

今日は次男(末っ子)の23回目の誕生日。金正日も誕生日。彼は(もちろん息子の方)今、いわき市に長期の出張中です。便りがないのが元気な便り。

子供達が子供の頃、我が家では、誕生日の夕飯には自分の好きなものが食べられることになってました。
その日の主人公が悩みに悩んだ挙句、カレーライスやラーメンになったこともよくありましたっけ(^-^)

| | Comments (3) | TrackBack (0)

お日柄も良く・・・

本日、娘の結婚へ向けてのイベントのひとつ、両家の顔合わせのお食事会がありました。結納式も省略しますのでそれに代わる席ということです。娘の責任者(^-^;)として初めてお目にかかるわけですのでやはり緊張しました。
向こうのご両親とは、北海道人独特の合理性というかドライの程度が同じ様で正直ホッとしました。本州のかたと結婚した友人達から北海道式と相手方とのギャップが理解されなくていろいろ気苦労があった話を聞かされていました。北海道は日本の中でもちょっと独特の文化圏なのかもしれません。うちの場合は北海道人同士なので、その点ずいぶんラクをさせてもらっているようです。
とにかく、親の出番、本日ひとつクリアー!\(^o^)/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

バレンタイン

世のお父様方は息子と自分のチョコの数を意識し始めるときがくるような気がしますが、どうでしょうか?
昨日の夕方、娘と待ち合わせて、札幌大丸のチョコ売り場へ行きました。まー、混雑にも驚きましたが、試食し放題にも驚きました。(なんと、太っ腹~)小樽のLeTAO(ルタオ)のコーナーなんて、そのへんに立ってるだけで爪楊枝にささったチョコを何回も手渡してくれるので・・えっ、いいの?・・・遠慮せず頂きました。夫に娘と私からチョコをカード付きで渡しました。『おまえ達なら、チョコレート屋の思う壺だな、のせられて・・』なんて照れて軽口ききながらも顔はうれしそうにニコニコ、『こんなおいしいチョコはあのいいウィスキーを一緒に飲まなきゃ』といっていつもより夜更かしして晩酌してました。そして、『あいつらはチョコもらえたかな?』なんて息子達に余裕の心配。(だいじょうぶだよ、ちゃんと彼女からもらってるから)平和な父さんでした。(^-^ )

| | Comments (5) | TrackBack (0)

『豚丼』もええでぇ<その2>

悲喜こもごもの『吉野家の牛丼』、funaさんのご主人のためにも早く復活するといいですね。
comさん、私も見ました、最後の1杯を食べる若者、幸運なんだか不運なんだか・・おかしかったです。
さて、ぶんぶんさん、我が家の豚丼の作り方です。
他にもあるかもしれませんが、あくまでも我が家の豚丼です。

材料:豚肉(肩ロースのスライス、薄切りよりちょっと厚め生姜焼き用くらい)・タマネギ・千切り紅しょうが
調味料:醤油・日本酒・ミリン・砂糖
これだけなんですけど・・・量がもんだいですよね。なんせ目分量料理なもんで
だいたいの目安として、家族4人とすると肉は一人3×4で12枚、タマネギは二人で1個くらいなので2個。

1、まず、タレを作ります。鍋にミリンと酒を同量、各150cc入れアルコールをとばして、醤油も150ccいれます。そこに砂糖ですが、まず50gくらいを目安におこのみで調節してください。(北海道の家庭料理は砂糖と醤油で甘じょっぱい味なんで砂糖は多目なんです)
それをしばらく焦げないよう煮詰め、タレを作ります。砂糖の一部を氷砂糖や水飴にしてもよいです。できたタレは火を止めフライパンの横に鍋のまま置いておく
 
2、フライパンに薄く油をひき、中火よりちょっと強めで肉を広げて1枚ずつ焼きます両面が焼けたらすぐ用意したタレにつけこんでゆく。タレは熱くしておくのですが肉を入れてからは煮ないで漬け込むだけ。同様にして全部の肉を焼いたら、タマネギのスライスを肉を焼いたフライパンに油を足して中火で炒めます(肉の旨みをとるかんじで)それを肉の入った鍋にいれ、ここで中火程度で暖めて出来上がり(ここで煮詰めない)。

3、ドンブリにご飯を盛り、タマネギをのせ、その上に豚肉をのせ、タレをかけて、紅しょうがを中央に少しのせます。お好みでブラックペッパーの粗挽きを振ってもおいしいです。

こんなもんでどうかな~?タレの量などは、お口にあうように調節してください、しつこいようですが目安ですから。
では、お試しあれ!

そのうち、我が家の簡単ポテトおやつを公開しましょうかね。

| | Comments (3) | TrackBack (6)

『豚丼』もええでぇ

『吉野屋の牛丼』て、ずいぶん人気があるって言うか、愛好家が多いんですね。メニューから消えることになってから報道される騒動には、はっきり言って驚きです。『牛丼屋に牛丼がないのおかしいんじゃないか』と言って暴れて逮捕された人もいるらしいですね。
北海道でも各地で混雑していたらしい・・・実は、私は1度も食したことがありません。もちろん我街にも1軒ありますけど、入ったこともありません。息子達は食べてたようなのですが。
ですから、今回の大騒動がいまいち実感がないというか理解していませんでした。歴史もあるし、その安さもあって、国民食だったんですね、。知らなかったー。
北海道で私などの年代は、「肉と言ったら豚肉」で育ったんです。子供の頃は牛のすき焼きより豚のすき焼きのほうがおいしいと思ってました。多分、その時代いい牛肉は手軽に買えなかったのでしょう。今は北海道産のおいしい牛肉もいろいろあります。豚も羊もおいしいです。
そういえば、『豚丼』て北海道の名物料理と言われてるらしいですね。『牛丼』もいいけど『豚丼』もおいしいですよ。我が家でも人気メニューで、息子が帰郷したときには作ります。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

スキー

naganumasuki.jpg

自宅から30分程で行ける隣町の長沼町営スキー場へ、今シーズン初スキーへ行ってきました。風邪ぎみだったりして、やっと行けましたので、とりあえず、調子を見るといった感じです。ここのスキー場は我が家も子供達が小さいときにそり滑りにつれて行ったファミリーなところです。でも一応リフトは3基あるんです。リフト代は回数券で1,400円とお手頃。昨日のスキー客は、隣町の小学校のスキー遠足。札幌の高校の体育スキー授業が2校、そして近隣の自衛隊の訓練。そんなところが目立った団体でした。コースは短いですが練習には充分です。

地元の人には見慣れた雪上での自衛隊のグリーンの迷彩服も考えてみればちょっと珍しい光景ですよね。南国生まれかしらと推測される隊員の雪まみれ、七転八倒の姿はほほえましくもあります。検定もあるらしく仕事ですから皆さんも真剣です。
昔、米ソが冷戦の時代には北の守りの為、九州出身の隊員の方達も一度は北海道に赴任することになっていたらしく、スキーも訓練として必須なわけです。雪中訓練も頻繁に行われていたようでした。現在はどうなんでしょうね、砂漠訓練やジャングル訓練もしてるのかしら・・・・寒々しい気持ちになります。
カンボジヤにも、東チモールにも、今回のイラクにも、店のお客様や、友人のご主人など知った方が行っています。いろいろ言われている状況ですが、現地に行った隊員さん達は満足のいく貢献後に皆さん無事で帰ってきて欲しいと心から思っています。小泉さんや自民党のためではなく、本人や家族のために・・・。

私のスキーは・・・キツカッタ!(スキーウェアが)1年でかなり太くなってしまった私。でも意地でも買い換えずそれを目安にしてがんばるぞっと!
今日は、筋肉痛がジワジワと襲ってきて、ジットしてると身体が固まるよう・・・イテテ・・
夫の冷たい一言 『あ~情けないなあ』 はい、おっしゃるとおりです。スクワットですね、ハイ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

MISIA

misia.jpg

昨夜は、娘、その婚約者、私の友人と私4人でMISIAの5ドームツアーのファイナル、札幌ドームへ行ってきました。ヤーすごかった、すばらしかった!あの小さな体のどこから・・と思うほどの歌声。その声はドームの広さなど問題じゃないほど響き亘っていました。すっかり魅了された2時間半でした。

札幌ドームは、ワールドカップで建設された数々のサッカー場(?)の中では運営がうまくいっている珍しいところらしい。観光名所ともなっている。道産子の自慢 <( ̄^ ̄)>
これで日本ハムが活躍してくれれば言うことなしなんだけど・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

輝く朝

20040206_4.jpg

昨夜からの新たな積雪は約20cmになっていました。雪かきも、車の運転も、そりゃあ大変だけど。今朝のようなキラキラとした朝を迎えると、やはり北海道は好きです、雪のない冬は考えられません。道産子暦52年、他を知らないだけかもしれないけどね。
そう言えば、都道府県で『将来どこに住みたいですか?』というアンケートで、自分が生まれた育ったところが1位になったのは北海道人だけだったそうです。北海道人は北海道が好き!ちょっと誇らしい気分です。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

I WAS BORN TO LOVE YOU

話題のベストアルバム QUEENJEWELS を買ってきました。日本でヒットしたものが中心のうれしい選曲。シンプルでストレートな王道ロックが大好きだけど、こういう進化したカッコイイロックも最高!great ! きいてると力が湧いてきます。
フレディがまだ活躍していたら・・と考えると、やはり残念。
ちなみに、日本の“GUEEN”というバンドもあなどれないです。(^ ^)

queen.JPEG

| | Comments (8) | TrackBack (0)

それでいいのか娘達!

先週の『笑っていいとも』でアンケートのベストテンを当てるコーナーでのこと。結婚相手に求めるものベストテン。1位職業、2位学歴、3位収入、(2と3は逆だったかもしれない)それで、出演者達が1位だと思ったらしい(私もそう思った)性格はなんと6位。タモリが思わず、「これって性格の悪い医者でもいいってことだな」と言ってました。私もこの結果には驚いてしまいましたた。どんな人達に尋ねたのか・・。
私が小学校にあがる頃、今上天皇(皇太子時代)が婚約を発表されました。その時記者会見で美智子様が皇太子様のことを『御誠実で・・・』とおっしゃったのが子供心に印象的でした。どんなに時代は変わっても、誠実が一番でしょう・・結婚相手に限らずね。。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

まさしく違和感

黒陣馬さんのコメントを読むうちに、私の中にくすぶっていたものが噴出してきました。そうなんですね!それはまさに違和感なんですね。私は会社にお勤めの皆さんと違って、そういう若者に出会う場面は少ないと思いますが、TVを見ながらでも「ヘン!なんかヘン!」という気分になってます。たとえば、『お座り下さい』『お座りに」なってお待ち下さい』『お食べください』、ファンへのご挨拶の定番『私達も頑張るんで、ファンのみんなも応援よろしくお願いします。』『うちの事務所の社長さん』『私のマネージャーさん』『うちのお父さん、お母さん』・・。こんな会話がTVから流れていると、まして、あこがれの人達が話していると『ヘン!』なんて思わないでしょうね。せめて茶の間のお父さん、お母さんが『ヘン!』と言えばどうにかなりませんかね。
ある店のレジのおばさん(40歳代)にも、いつも違和感を感じてます『「ポイントカードはお持ちでございますか?』『お持ちでございませんか?おつくりなさいますか?』『今日はお忘れでございますか?ではこのレシートを次回ご持参して下さい』・・・???。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

花嫁衣裳

sityaku.JPEG娘の花嫁衣装の試着に付いて行きました。たくさんのドレスの中からあれこれと一緒に選ぶことはとても楽しく感激しました。娘は相手がいないうちには、結婚式なんてしなくてもいいなどと言ってたのです。本人次第だから、私も夫もそれならそれで仕方ないかなと思ってました。でも幸せなことに式も挙げることになりましたし、花嫁姿も見られることとなって、親としてこんなにうれしいものなのだとしみじみと感じています。感謝です。
それにしても素敵なドレスの数々、和装もすばらしい・・・今の時代は幸せですねー。私のときは美容院が持っていた3着の中から選んだんですからなんだかうらやましくなってしまいました(^_^)「いいなー、私ももう1回したいくらい・・・」とつい言ったのを婿殿に笑われてしまい、それを聞いた夫は「なに考えてんだか」 (*^-^*)>

| | Comments (0) | TrackBack (0)

もう2月

本日、長女のblogがスタートしたようです。
親子共々宜しくお引き回しの程、ズ ズ ズイーっと m(_ _)m m(_ _)m

子供達が小さいとき、我が家のトイレには1冊のノートと鉛筆がおいてありました。家族への手紙というわけではなく、何でもノートでした。「誰かが読む日記のようなつぶやき」・・手書きのblog?(笑)
たどたどしい文字や絵の頃もありましたし、親や兄弟に対する反発のようなものも、口では照れる感謝のメッセージもありました。また、小憎らしい口をきく時期には、子供達だけでなく、私にとっても、頭を冷やすいいきっかけになっていたと思います。場所が場所だけに、狭い家の中でも必ず一人でしたから。そのノートは門外不出です(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2004 | Main | March 2004 »