« 嵐の夜が明けて | トップページ | ショック »

2004/01/19

敬愛する大先輩

funaさんのココログを読ませていただいているうちに、私の舅と姑のことを思いでしました。
私の夫は12人兄弟(付き合いはじめた頃は冗談だと思ってました..笑)の11番目です。
明治に生まれ、北海道の大地を開墾し、大変な時代を3男9女を育てあげて生き抜いた二人です。
私など嫁といっても孫のような年ですから、ずいぶん優しくしてもらいました。
親として初心者時代には、私の肩の力を抜いてくれたようなこともありました。
そんな姑が言ってくれた言葉 『親は産んで背丈を伸ばしただけ、後は世間様が育ててくれた・・・』は、私にとって今も大切にしている思い出の言葉です。
私の3人の子供達は皆すでに独り立ちしています。
私なりに心をこめて背丈を伸ばした彼らが、世間様に大人に仕上げて頂けますようにと、母は日々祈っています。

|

« 嵐の夜が明けて | トップページ | ショック »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 敬愛する大先輩:

« 嵐の夜が明けて | トップページ | ショック »